×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

若松〜河東

眼下に広がる会津盆地に下る「本線線形良景観側道!」

磐越道の磐梯河東〜会津若松間はずっと下り坂が続く。運転中に前面の視界が開ければ見事な会津盆地の風景を見る事が出来る。その線形と言ったら…美しすぎるわけで…

じゃ、それを側道目線で見るとどうだろうか…

管理人お勧めの磐越高側道の場所でゆったりと本線の線形を味わってみてははいかがだろうか。(撮影日 2009/03/15 公開日 2010/02/11)

本来、進行方向は「磐梯河東→会津若松」ですが、写真の編集の都合上逆工程でお送りいたします。
写真 撮影場所 解説
若松〜河東 側道

会津若松IC

今回は会津若松ICからスタート。会津若松ICは会津若松市内にあるインターチェンジである。

国道121号線と接続しており、会津若松市内観光(鶴ヶ城、飯盛山、東山温泉)や喜多方市、米沢方面など、多方面の観光や交通の拠点となる重要なICである。

そんな、インター施設周辺にも側道と水路がセットで存在。

インターは入れないけど、インターを見たいという奇特な方にお勧めなスポットである。

若松〜河東 側道

会津若松IC

本線上に設置されている出口標識

7 会津若松 Aizuwakamatsu 出口 EXIT

結構、アップにしないと見えない。

若松〜河東 側道

会津若松IC

上り線側(いわき方面)
目の高さ(当人、175cm)にランプの路面があるというのもなかなか新鮮な風景である。

藪がなければもっと、高速道路を満喫できたのに…

若松〜河東 側道

会津若松IC

下り線側(新潟方面)
早速、いわき方面に向けて側道を進む事にしよう。

7 出口 EXIT 会津若松 Aizuwakamatsu 喜多方 Kitakata

接続道路・・・国道121号線・国道49号線

国道121号線…喜多方・米沢方面

国道49号線…会津若松市内・郡山・新潟方面

会津と付くICは全部で3つ。それぞれに行く場所が随分と離れているので利用する前は地図で目的地を見てから利用する事をおススメします。

南会津方面に行くには、新鶴スマートを利用したりした方が近いかも…(^_^;)

若松〜河東 側道

会津若松IC

下り線側(新潟方面)

「若松1」のカルバート発見!

本線周辺は田園風景が広がっている。圃場整備が行われたようで、「農耕車以外通行禁止」とあるが、普通車で走っている方がかえって怪しいものだ。

若松〜河東 側道

磐越西線との交差部

下り線側(新潟方面)
磐越西線を越える本線。

桁がたくさん並んでいるのが印象的な橋梁である。

無機質で整然としているところが、コンクリートの良い所である。
若松〜河東 側道

会津若松IC 1km手前

下り線側(新潟方面)
高圧鉄塔と磐越道のコラボレーション。

ありそうで無い組み合わせである。

くもり空が残念。
若松〜河東 側道

会津若松IC 1km手前

下り線側(新潟方面)

磐越道と交差する未成の都市計画道路のカルバート。

側道で未成都市計画道路を見つけるとは…初めてだ(;^ω^)

「防犯カメラ作動」の張り紙が寂しさを誘う感じが…

幅員もかなりあるので、歩道付きの対面通行の規模なのだろう。

「止まれ」の標識が…

農耕車しか通らないのに「止まれ」の標識が必要なのだろうか…?

若松〜河東 側道

115キロポスト付近

上り線側(いわき方面)
インターを過ぎれば恒例の「緑看板」だ。

かなりの盛土の上にある本線…もちろん標識を見るのも位置を考えなければ…

こういう場合は…標識のギリギリ斜め下まで移動すればOK。視点を変えれば、標識も(゚д゚)ウマーなのである。

6 磐梯河東 Bandai Kawahigashi 4km

5 猪苗代 磐梯高原 Inawashiro Bandaikogen 13km

磐越道 BAN-ETSU いわき Iwaki 124km

東北道 TOHOKU 仙台 Sendai 宇都宮 Utsunomiya

ローマ字表記が長いインターが続くのが特徴的。磐越・東北道分岐があるため「仙台・宇都宮」の表記もあるが距離は書かれていない。
若松〜河東 側道

115キロポスト付近

上り線側(いわき方面)
国道49号線をオーバーパスする磐越道本線とは対照的に、側道は国道49号線をアンダーパス。

そして、側道恒例の行き止まり。

再び会津若松ICを目指す羽目に…
若松〜河東 側道

会津若松IC 2km手前

下り線側(新潟方面)
国道49号線に向かうために、側道をひたすら若松IC方面へ戻る事に途中、藪の中には…

7 会津若松 Aizuwakamatsu 2km

今頃気が付いたのだが…

会津のローマ字表記って「AIZU」なんですね。

タイピングのときは「AIDU」と「DU」なのですが…

「AIZU」だと変換できないんですね。

どーでもいいですか。そうですか(´・ω・)
若松〜河東 側道

115キロポスト付近

下り線側(新潟方面)
下に見えるのは会津若松市の「卸売市場」である。

午後だったので、ちょうど市場も静かな時間である。

ココから、本線に沿って県道64号線まで行く側道が「良景観側道」なのである。
若松〜河東 側道

115キロポスト付近

下り線側(新潟方面)

いきなりダート。しかも行き止まりだった…orz

この辺の側道はドン詰まり率が高い気が…
若松〜河東 側道

115キロポスト付近

下り線側(新潟方面)

磐梯河東IC→会津若松IC「4% 走行注意」

実際に走ると分かるのだが、磐梯河東IC手前の磐梯山SAから若松方面はずっと下り坂である。しかも、その延長は「10km弱」あるので、雪の時期は相当怖い場所だ。

若松〜河東 側道

115キロポスト付近

下り線側(新潟方面)

あっ…(*´ω`*)

まともな側道、めっけた!

上ろう上ろう〜
若松〜河東 側道

115キロポスト付近

下り線側(新潟方面)

この区間の側道で一番の良景観スポット!

今まで見た側道の中でも一位二位を争うほどの見事な風景を見る事が出来る。

新鶴PA ETC専用出口 6:00〜22:00 車長12mまで このさき10km

新鶴SICの案内標識があるが、特にこの標識のおかげで「良景観側道」だと言っているわけではない。
確かに、標識も十分香ばしいんだけどね(´・ω・)
若松〜河東 側道

115キロポスト付近

下り線側(新潟方面)
吹きっさらしに立つ「非常電話」が何とも良い雰囲気だ。

若松〜河東 側道

115キロポスト付近

下り線側(新潟方面)
ガンガン上がると…目の前には何やら「側道橋」が見えてきた。

黄色の警戒標識のおまけつきだ。

長い上り坂 車間距離を十分に

磐梯山SAに向けての登り坂のスタートだ。
若松〜河東 側道

115キロポスト付近

下り線側(新潟方面)
側道も上り坂なのだが…上りきると…

会津若松市内に伸びる磐越道本線が〜\(´▽`*)

高速道路独特のクロソイド曲線が素晴らしい〜\(´▽`*)

ちょっと、引き気味で撮るとまた本線の伸びていく感じが素晴らしい〜\(´▽`*)

この風景だけでも一見の価値のある「磐越高側道」の中でも群を抜いて素晴らしい風景の場所だ。

若松〜河東 側道

115キロポスト付近

下り線側(新潟方面)

あっ・・・「C」発見!

ちなみに「C」とは「コンクリート杭」の事である。

十字ですな。

若松〜河東 側道

115キロポスト付近

下り線側(新潟方面)
橋梁発見っと思ったら厳重な柵が…

これは歩道橋や道路橋ではなく「水路橋」である。

雪解けの水が大量に流れていた。

1992年、日本道路公団建造の旨がしっかりと刻印されている名盤が設置されている。

若松〜河東 側道

115キロポスト付近

下り線側(新潟方面)
本線に沿った側道が続く。

こちらは郡山方面(いわき方面)の本線。磐梯山SAに向かって上りが続く場所だ。

若松〜河東 側道

114キロポスト付近

下り線側(新潟方面)

本線上の橋から会津若松市内方面(新潟方面)の本線。

カーブの線形が良く見えると思う。

逆に郡山方面を見ると…

この区間は、磐越道では珍しい「開削区間」である。

大抵の場所は盛土の磐越道なので新鮮な雰囲気もある。

若松〜河東 側道

114キロポスト付近

上り線側(いわき方面)
本線上の橋に標識が設置されているのは良く見る風景だと思われるが…

意外と裏側って見た事がない(ハズ)と思う。

かなり頑丈な金具で緊結されているんだなぁ…

若松〜河東 側道

114キロポスト付近

上り線側(いわき方面)
側道が段々と死んでいく姿が…(;^ω^)

若松〜河東 側道

114キロポスト付近

上り線側(いわき方面)

以上、「松窪橋」の上から本線を見ました。

さて、さっさと進まないと容量が大きくなるので、県道64号線へ行かねば…

若松〜河東 側道

114キロポスト付近

下り線側(新潟方面)

福島県道64号線 会津若松裏磐梯線 会津若松市 上松窪

磐越道の上を通過する県道だ。

険道ではないらしい。

若松〜河東 側道

114キロポスト付近

県道64号線との交差部

114キロポスト発見!

磐梯山に伸びる磐越道の風景が良い。

舗装の補修の跡もクッキリと分かってしまう…(;^ω^)
若松〜河東 側道

114キロポスト付近

上り線側(いわき方面)
側道を追えば…

次は水路だ!!ってか、水路は新しい!!農業用水路かもしれないが…何となくこの風景は良いぞ!

水路を跨ぎ…田んぼを跨ぎ…磐梯山へ〜って感じが良い。

若松〜河東 側道

114キロポスト付近

上り線側(いわき方面)

まぁ、この先は行けないんですけどね(´・ω・)

側道恒例…50メートルバックの術である。

若松〜河東 側道

113キロポスト付近

下り線側(新潟方面)

何故か…「駒板新田横穴群」に…

実は側道にある遺跡だ。

磐越道工事に先駆けて発掘がおこなわれ、人骨をはじめ様々なものが出土したそうだ。

で…肝心の側道。ほとんど藪の中であるが…

6 磐梯河東 Bandaikawahigashi 2km

ちっちゃく見える。

ホント、小さい。

若松〜河東 側道

磐梯河東IC 500m手前

下り線側(新潟方面)
国道49号線を北上し、磐越道との交差部から田んぼの中を走ると再び側道が。

さらにオイシイ緑看板の串刺しもゲットできてしまうという、お得ポイントだ。

高い盛土なのだが結構眺めが良い。

最近、スマートICの標識も増えてきた。

新鶴スマートの標識は後付けである。
若松〜河東 側道

磐梯河東IC 500m手前

下り線側(新潟方面)

7 会津若松 Aizuwakamatsu  5km

ETC専用 7−1 新鶴PA Niitsuru

8 会津坂下 Aizubange 20km

磐越道 BAN-ETSU 新潟 Niigata 105km

途中、磐越道唯一のスマートICである、新鶴SICも表示されている。大内宿など南会津方面の観光に便利な場所だ。

磐越道も会津を抜ければ新潟を目指すのみ。若松から100kmだが、対面通行区間でもある。
若松〜河東 側道

磐梯河東IC 500m手前

下り線側(新潟方面)
あったよ…

磐越道名物…トラス橋♪

名物ってわけでもないが…(´・ω・)

やはり間近で見るのは迫力が違うのを実感。

若松〜河東 側道

磐梯河東IC 500m手前

下り線側(新潟方面)
間に入ると分かるけど…ちょっとカーブしてるよ…鋼トラス部分は真っ直ぐに見えるのにPC部分はちょっとカーブしてるよ。

やっぱり橋梁は間から見るのに限るなぁ…

若松〜河東 側道

磐梯河東IC 500m手前

上り線側(いわき方面)
国道49号線と交差するということは、そろそろ磐梯河東ICである。

6 磐梯河東 Bandai Kawahigashi 出口 500m

磐梯河東というインター名だが、磐梯町+河東町という二つの近隣町をくっつけたインター名だ。

接続道路…国道49号線

猪苗代・郡山方面

会津若松・新潟方面

裏磐梯の有料道路の一つである「磐梯山ゴールドライン」はこのインターが最寄りである。冬期間は通行止めのため、裏磐梯方面は次の「猪苗代磐梯高原IC」へどうぞ。
若松〜河東 側道

磐梯河東IC 500m手前

上り線側(いわき方面)
本線は国道49号線をオーバーパス
若松〜河東 側道

磐梯河東IC 500m手前

上り線側(いわき方面)
インター周辺の側道は完全な生活道路で、砂利道が続いていく。

標識もバッチリってのがイイ。

若松〜河東 側道

磐梯河東IC付近

本線からインターに降りる場所も側道から。盛土なので路面は見えないが標識は見えるという…。

標識好きな方は萌える…のか?

若松〜河東 側道

磐梯河東IC付近

側道を進むとインター施設が見えてきた。

ちょっと見えにくい位置ではあるが、近くに行くと…

若松〜河東 側道

磐梯河東IC付近

壁!ジャマ!!(#゚Д゚)

磐梯河東インター施設の全景がこの形。

一般出口3ヶ所、ETC専用が1ヶ所確認できる。

簡素な造りのラーメン構造だ。
若松〜河東 側道

磐梯河東IC付近

このまま県道64号線に接続して、国道49号線で会津・郡山方面。

ゴールドラインで裏磐梯方面へと抜ける事が出来る。

<会津若松IC〜磐梯河東IC間 個人的側道探検評価>

項目 星の数 解説
側道探検のしやすさ ★★★☆☆ ドン詰まりが多い。路面状況もダートやぬかるみが多いので探索時には注意。
側道の秘境度 ★★☆☆☆ 遺跡はあるが…若松市内の区間や県道沿いなど人気は多い。
写真の撮りやすさ ★★☆☆☆ 盛土がかなり多い。ズーム多用で目標物ゲットが通例。
撮影スポットの多さ ★★★★★ 会津盆地と磐越道の風景は見事!★6個でも良い。
挙動不審(怪し)さ ★★★★★ 前半は市内。後半は農地。結構目につくんだよな…
総合評価 ★★★☆☆ いただきました、星3つです。( ´ー`)y-~~
総括   この側道の見所は標識などの施設と言うよりは…

会津盆地へ向かう磐越道の線形とその遠景の素晴らしさ!

これに尽きる。っと思います。

側道自体は砂利&土剥き出しという雨が降ると最悪な条件が整っていますが、天気さえ合えば楽しい側道巡りが出来そうです。

もどる