磐梯熱海IC〜猪苗代磐梯高原IC

磐越道最高地点、私有地、ダート、そして大雨「見所てんこ盛り!山間側道」

「磐越自動車道は山間地を通ります」を体現したような区間。磐越道初のトンネル連続区間、そして峠道。さらに「磐越道最高地点」が存在する区間である。最高地点の看板を目指して「いざ出発」したものの、「側道は途切れているわ、私有地はあるわ、路肩は弱いわ」…さすが山間部。雨の日の探検が如何に無謀かを教えていただきました。(撮影日 2008/04/03 再編集・公開 2008/06/01)

写真 撮影場所 解説
磐梯熱海IC〜猪苗代磐梯高原IC 国道49号線

新潟方面

猪苗代湖、天神浜付近

国道49号線、天神浜入口付近に立つ磐越道の看板

「磐越自動車道(BAN-ETSU EXPWY) 5 猪苗代(Inawashiro) 2km先左折」

インターチェンジは国道115号線に接続。(R115の呼び方は「イイコ」)

調査日は「雨」という幸先の悪いスタート

磐梯熱海IC〜猪苗代磐梯高原IC 国道115号線

福島方面

猪苗代磐梯高原IC入口

猪苗代インターチェンジ入り口

高速道路の入り口にある看板セットが連立している。

ETCカード挿入忘れはホントにビビる。バーが開かない時の緊張感と言ったら…(;´Д`)(管理人経験済み)

磐梯熱海IC〜猪苗代磐梯高原IC 側道

猪苗代磐梯高原IC入口

インターチェンジ遠景。

周囲は高い木に囲まれて、中の様子は見えない。

管理施設(料金所等)があると思われる。

磐梯熱海IC〜猪苗代磐梯高原IC 側道

猪苗代磐梯高原IC入口

インターチェンジを降りると十字路に。

↑ 猪苗代市街(Central Inawashiro)

← 国道49号線(Route49)・会津若松(Aizuwakamatsu)・郡山(Koriyama)

→ 福島(Fukushima)・裏磐梯(Urabandai)

「日本の道100選 磐梯吾妻スカイライン」を含む観光有料道路は裏磐梯方面へ。R115は絶好のドライブルートだ。新緑、紅葉、スキーと彩り豊かである。

「野口英世記念館」は会津若松方面。「猪苗代湖畔」は郡山方面へ進む。猪苗代湖を見ながら快適なドライブが楽しめる。

磐梯熱海IC〜猪苗代磐梯高原IC 側道

猪苗代磐梯高原IC入口

左手側が「新潟方面」。

圃場の中を一直線で突っ走る「本線」。オービスに注意。

晴れていれば、雄大な「磐梯山」が見えるはずだったのに…orz

磐梯熱海IC〜猪苗代磐梯高原IC 国道115号線(旧道)

福島方面

磐越道との交差点
側道はすでに砂利道。圃場整備が行われたため、田んぼが広がっている。

この手の側道は「路肩が弱い」ので注意。

新潟方面を望む。

この先は「磐梯河東IC」→「会津若松IC」を経て新潟へ。

磐梯熱海IC〜猪苗代磐梯高原IC 国道115号線(旧道)

福島方面

磐越道との交差点
同じ場所から郡山方面を望む。

「大型車 通行禁止」

この標識があるが、大型車が通れる幅員はない。
磐梯熱海IC〜猪苗代磐梯高原IC 側道

上り線

猪苗代磐梯高原IC出口 500m手前

5 猪苗代 磐梯高原(Inawashiro Bandaikougen) 出口(EXIT) 500m

接続は国道49号線と国道115号線

国道49号線…郡山、会津若松(新潟)方面

国道115号線…裏磐梯、福島方面

国道49号線などに設置されている「磐越道」の看板には…

「5 猪苗代(Inawashiro)」と表記がある。

地図やHighway Walker(東日本高速が配布しているエリアマップ)などには…

「猪苗代磐梯高原(Inawashiro Bandaikougen)」と表記してある。

磐梯熱海IC〜猪苗代磐梯高原IC 側道

上り線

猪苗代磐梯高原IC出口 500m手前

側道より、看板ズーム。

風雪を遮る壁があり、看板で見えない部分がある。

冬期間のこの地域の風は「半端なく強い」。

地吹雪で通行止めになる場合もある。

全面壁にしてしまうと「風による壁の倒壊」という事態が発生するので、隙間が多い壁を設置していると思われる。

なお、この壁は上下に伸縮するため、夏の期間はこの壁は無い。
磐梯熱海IC〜猪苗代磐梯高原IC 側道

上り線

猪苗代磐梯高原IC出口 500m手前
カルバートボックスの中に水路が2本ある。

「カルバート in 水路」って所だろうか(^_^;)

例にも漏れず「番号」が付いている所も何となく良い。ここをくぐる人はいるのだろうか?

猪苗代IC周辺は、圃場整備を行ったため、田んぼが広がっている。

きっと、秋の時期は、「黄金の稲穂」と磐越道の風景が良いんだろうなぁ〜

磐梯熱海IC〜猪苗代磐梯高原IC 国道115号線

R49方面

猪苗代磐梯高原IC入口
高速道路に乗る前の重要な情報を表示する「電光情報板」

猪苗代-津川 雨スリップ注意

ちなみに「津川」とは新潟県にあるインターチェンジである。
磐梯熱海IC〜猪苗代磐梯高原IC 国道115号線

R49方面

猪苗代磐梯高原IC入口
電光情報板の上に「針山」のような突起物が。

これは「鳥が止まる」のを防ぐためにある(掲示板 機長様、ket様より)

私的には、積雪時の何かの対策だろうと思っていたが、よくよく考えたら、「針を付ても、雪とは関係ないよな」と思ったり(-_-;)
磐梯熱海IC〜猪苗代磐梯高原IC 側道

猪苗代磐梯高原IC付近

インターチェンジから本線へのランプ。

ここも例に漏れず、しっかりと「風雪対策」

インターから進入しての「行先看板」が見える。
磐梯熱海IC〜猪苗代磐梯高原IC 側道

猪苗代磐梯高原IC付近

下り線…新潟(Niigata)

上り線…仙台(Sendai)・宇都宮(Utsunomiya)

上り線の表記は「郡山JCT→東北道の上下線」を意識しての標識であろう

行き先の補助標識も付いている。(障害物により撮影できず、目視です。)

下り線…会津若松(Aizuwakamatsu)

上り線…郡山(Koriyama)・磐梯熱海(Bandaiatami)

磐梯熱海IC〜猪苗代磐梯高原IC 側道

猪苗代磐梯高原IC付近

4月初旬に探検に出向いたが、残雪が多かった。

側道探検時の「障害」の一つです(;´Д`)

カルバートの上部は本線への進入路。
磐梯熱海IC〜猪苗代磐梯高原IC 側道

猪苗代磐梯高原IC付近

本線遠景。写真左手が「新潟方面」

晴れていれば…。スキー場はまだ雪が残っている模様。

磐越道の「隠れ撮影スポット」である。
磐梯熱海IC〜猪苗代磐梯高原IC 側道

猪苗代磐梯高原IC付近

鉄塔の立っている下の付近に、各上下線へのランプウェイがある。

高い壁に遮られており、中の様子は分からない。

磐梯熱海IC〜猪苗代磐梯高原IC 側道

r322とうの交差点

95kp付近

磐越道と県道322号線の交差地点。

辺り一帯の田んぼに中に、盛土をした磐越道本線。

JR磐越西線も磐越道の下をアンダーパスする。
磐梯熱海IC〜猪苗代磐梯高原IC 側道

下り線

猪苗代磐梯高原IC付近

写真奥手は郡山方面。

猪苗代磐梯高原〜磐梯熱海間は「トンネルが連続」する区間。

「磐越道最高地点」があるのもこの区間。

磐梯熱海IC〜猪苗代磐梯高原IC 側道

下り線

猪苗代磐梯高原IC 2km手前

文字数のやたら多い「2km看板」発見。

無論、長いが長いだけに看板の大きさもかなり大きく感じる。

磐梯熱海IC〜猪苗代磐梯高原IC 側道

下り線

猪苗代磐梯高原IC 2km手前

5 猪苗代 磐梯高原(Inawashiro Bandaikougen) 2km

「猪苗代」と「磐梯高原」の間に微妙な感覚がある。
磐梯熱海IC〜猪苗代磐梯高原IC 側道

猪苗代磐梯高原IC 2km付近

圃場整備が入ったため、区画はきれいにしてあるものの、非常に悪路。

路肩が悪かったり、凸凹があったり、大穴があいていたりと、車高の低い車ではちょっとやめておいた方がいいと思う。

路肩のすぐ脇には、1.5m幅ほどの川が流れていた。雪解け時期なの水量豊富。
磐梯熱海IC〜猪苗代磐梯高原IC 側道

r322との交差点

95kp付近

この区間唯一の「立派な側道」を発見。

と、同時に怪しい看板も発見。

磐梯熱海IC〜猪苗代磐梯高原IC 側道

r322との交差点

95kp付近

「私有地のお知らせ」看板だ。

農作業ではなく「写真撮影」なんですけど…と思いながら、R49を郡山方面へ戻ることにした。(´・ω・`)ガッカリ…
磐梯熱海IC〜猪苗代磐梯高原IC 側道

86kp付近

R49を磐梯熱海IC方面へ移動する。

途中、JR磐越西線・中山宿駅を目指すと、磐越道と再び再開できる。

写真奥手が郡山方面。

上下線の橋梁の間から。

左側…上り線(郡山方面)

右側…下り線(新潟方面)

この日は雨だったので、少しガスがかかっていた。

晴れの時とは違う「幻想的な橋梁」である。

磐梯熱海IC〜猪苗代磐梯高原IC 側道

下り線

86kp付近

5連続トンネル区間の4番目(いわき方面より数えて)の「鞍手山トンネル」手前。

新潟方面に向けて「勾配」が付いているため「登坂車線」が設置されている。

「鞍手山トンネル」を出ると「磐越道最高地点」の看板がある。

晴れていれば非常に良い写真が撮れそうな場所だ。

写真を見ていただければわかると思うが、

下り線が上り線より下の位置を通過する。

斜面が急なための措置だろうと思う。
磐梯熱海IC〜猪苗代磐梯高原IC 側道

上り線

87kp付近

ここで突然の「大雨」が。

砂利道で坂道の側道がみるみるうちに濁流に…(;´Д`)

止む気配なし、ワイパーでは掃ききれないので、あえなく撤退orz

「磐越道最高地点」の看板にたどり着かず…orz

車の中から「非常電話」を撮影。

磐越道 87

路線名とキロポストが記されている。
磐梯熱海IC〜猪苗代磐梯高原IC 側道

上り線

87kp付近

「鞍手山トンネル」方面に行くと「舗装面」と「砂利面」が交互に現れる。

また、路肩の草木の処理は行われていないので、車で進入する場合は「ガリガリ」とキズが付きますので、ご注意を。

磐梯熱海IC〜猪苗代磐梯高原IC 側道

上り線

86kp付近

近くに水力発電所が点在するため、送電線と鉄塔が多い場所。

「横風注意」の標識が大きくて、非常に印象的だった。

磐梯熱海IC〜猪苗代磐梯高原IC 側道

上り線

85kp付近

左から右へ。会津方面から郡山方面へかなりの勾配があることが、側道からでもよくわかる。
磐梯熱海IC〜猪苗代磐梯高原IC 側道

下り線

新中山トンネル 新潟側坑口

非常に高い盛土の上にある本線。

登坂車線 吹き流し

山間部に必要不可欠な設備である。

なお、「中山トンネル」というトンネルも存在するが、それはR49にある。

郡山市と猪苗代町の境になる。
磐梯熱海IC〜猪苗代磐梯高原IC 側道

下り線

新中山トンネル 新潟側坑口

山奥にあるカルバートボックスと「新中山トンネル」の新潟側坑口。

こんな山奥にある「照明」が印象的だ。

こんな藪で…夏はひどいんだろうなぁ…

磐梯熱海IC〜猪苗代磐梯高原IC 側道

下り線

新中山トンネル 新潟側坑口

「新中山トンネル」新潟側坑口。

藪に隠れてしまい、側道から見える部分はごくわずかである。

トンネルおなじみの「オレンジ色」の照明も見える。

上り線の坑口は更に奥にある。

磐梯熱海IC〜猪苗代磐梯高原IC 側道

下り線

新中山トンネル 新潟側坑口

少し側道に目をやると…

自然の中に入っていくようだ。

この区間は、こんな側道ばっかりである。
磐梯熱海IC〜猪苗代磐梯高原IC 側道

下り線

新中山トンネル 新潟側坑口

トンネル撮影地点から、逆に新潟方面。

高い盛土

砂利道

枯れた藪

寂しそうな雰囲気

この区間で幾度と見てきた風景だが、側道探検の冥利に尽きる組み合わせである。
磐梯熱海IC〜猪苗代磐梯高原IC 側道

上り線

県道24号線 交差点

山間地域を後にして、磐梯熱海IC付近に移動。

県道24号線にも、側道撮影スポットが存在する。

以前は観光有料道路「母成グリーンライン」だったが、償還期間満了を迎え、晴れて無料開放。

裏磐梯に行く際はR49よりを使うよりも近くて便利な道路だ。

磐梯熱海IC〜猪苗代磐梯高原IC 側道

下り線

県道24号線 交差点

5 猪苗代 磐梯高原(Inawashiro Bandaikougen) 16km

6 磐梯河東(Bandai Kawahigashi) 30km

新潟(Niigata) 137km

磐梯熱海ICを過ぎると、一番下の看板の表示は

郡山(Koriyama)から新潟(Niigata)へ変わる。

R49を使うより、格段に近い。
磐梯熱海IC〜猪苗代磐梯高原IC 側道

下り線

県道24号線 交差点

これから新潟方面は、トンネルが連続する区間が続く。

高玉東トンネル 1,120m

高玉西トンネル 990m

新中山トンネル 1,820m

鞍手山トンネル 1,670m

関都トンネル 1490m

合計5本。
磐梯熱海IC〜猪苗代磐梯高原IC 側道

上り線

県道24号線 交差点

同じ地点から郡山方面。

小さく見えるのは「出口1km看板」

磐梯熱海(Bandaiatami) 1km

接続道路は、県道24号線。国道49号線へは、県道を磐梯熱海の温泉街方面に下る。

県道24号線…国道49号線(熱海バイパス)、磐梯熱海温泉街

石筵ふれあい牧場、中の沢温泉、母成グリーンライン経由裏磐梯(国道115号線)

磐梯熱海IC〜猪苗代磐梯高原IC 側道

下り線

81kp付近 高玉東トンネル 郡山坑口手前

NEXCOの作業車が停車中。道路の維持管理の作業中と思われるが詳細までは分からなかった。
磐梯熱海IC〜猪苗代磐梯高原IC 側道

下り線

81kp付近 高玉東トンネル 郡山坑口手前

トンネル入り口にある「電光掲示板」。フォントは公団フォントではないようだ。そして、「トゲトゲ」がここにもある。

作業中のため、50km/h規制中。今はLED式になってしまった、制限速度の標識。ここではまだ旧式が活躍中のようだ。

磐梯熱海IC〜猪苗代磐梯高原IC 側道

下り線

81kp付近 高玉東トンネル 郡山坑口手前

見知らぬ土地のつよ〜い味方。AMラジオの周波数である。

NHK第1 846kHz

NHK第2 1512kHz

ラジオ福島 1098kHz

トンネル内は「ラジオ」と「点灯」を忘れずに。無論「消灯確認」も

余談だが、「1098kHz」は長野方面に行くと「信越放送」と同じ周波数である。

磐梯熱海IC〜猪苗代磐梯高原IC 側道

下り線

81kp付近 高玉東トンネル 郡山坑口手前

連続トンネル1本目の「高玉東トンネル」

トンネルの坑口には猪苗代湖に来る「白鳥」があしらわれている。

磐越道名物(?)「魅せるトンネル」の区間がここからスタート。

フェンスにピントが合ってしまっているため、見えにくいですね。
磐梯熱海IC〜猪苗代磐梯高原IC 側道

下り線

81kp付近 高玉東トンネル 郡山坑口手前

さらに坑口に近づこうかと思ったが…非常に荒れた道と雨のため断念。
磐梯熱海IC〜猪苗代磐梯高原IC 側道

上り線

81kp付近

4 磐梯熱海(Bandaiatami) 2km

郡山の温泉地「磐梯熱海温泉」の玄関口である。
磐梯熱海IC〜猪苗代磐梯高原IC 側道

県道24号線

磐梯熱海IC

磐梯熱海ICの遠景。

ここも、高い障害物に遮られており、施設の全体を見ることはできなかった。

磐梯熱海IC〜猪苗代磐梯高原IC 側道

県道24号線

磐梯熱海IC

磐越自動車道(BAN-ETSU EXPWY) 4 磐梯熱海(Bandaiatami) →

r24にある入口の看板。

今回はここまで。

<猪苗代磐梯高原IC〜磐梯熱海IC間 個人的側道探検評価>

項目 星の数 解説
側道探検のしやすさ ★★☆☆☆ 側道は、整備が入っているとはいえ区画の形は良いのだが、その中を通る道の状態があまり良い道ではない。インターチェンジ間はトンネルが多く存在するので、車での移動は必須。
側道の秘境度 ★★★★★ トンネル区間があるため、山の中である。農業の忙しい時期には多少の人の多さはあるだろうが、それ以外では人の気配を感じられず、秘境度はある。
写真の撮りやすさ ★☆☆☆☆ 藪の高さが気になる。また、盛土の本線もかなり高い位置にあったりと、非常に撮影が難しい点が多々ある。
撮影スポットの多さ ★☆☆☆☆ 結論から言うと「磐梯山」とのコラボが楽しめる…だけ。
挙動不審(怪し)さ ★★★★★ 農業の道路が主な探検場所なので、普通の人間が車、徒歩で徘徊しているのは挙動不審この上ない。
総合評価 ★☆☆☆☆ いただきました、星1つです。_| ̄|○
総括   側道探検の時に障害になる物が「大盛り」。ここの区間は上級編の場所だと思います。今回は冬時期に行ってしまった事と、雨の中に決行してしまったことを反省すべき点だろうと思います。やはり、晴れの日が一番良いです。

夏にもう一度チャレンジしたい区間です。

教訓「雨の日は側道探検に往くべからず」orz

もどる