×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

いわき中央〜いわき四倉

側道は途切れ途切れだけど、見える本線の線形は見事!「途切れ途切れの迷走側道」

初めて本線を走った事のない区間の側道探検。工業団地をブチ抜くトンネルに橋梁はあれど側道は擁壁固めで沿う道は見つからない。側道と言える区間はあれど短くて途切れ途切れ。目標場所は見えるのにたどり着けないもどかしさ。本線に嫌われたと思えるくらいに「迷走できる側道」です。

(撮影日 2010/09/15 公開日 2010/09/16)

「いわき中央IC〜いわき四倉IC」の常磐高側道探索ルート(大体の推定ルートです)

写真 撮影場所 解説
いわき中央〜いわき四倉 いわき中央IC付近

側道

仙台方面を見る
いわき中央ICが今回のスタートである。

仙台方面を見ると、橋梁は対面通行分のみの架橋である事が分かる。

常磐道は本来は「いわき中央IC」が終点であったが、後に宮城県仙台市の「富谷JCT」までの延伸が決定されたという経緯がある。

現在、仙台方面は『常磐富岡IC』が終点であり、その先は順次工事中となっている。

いわき市街の外郭を通過する常磐道はこの先「好間トンネル」へと入る。

驚きは「好間トンネルで『いわき好間中核工業団地』の下を通過している」という点であろう。

工業団地内で高速道路を探しても怪しい用地はあるものの見当たらないわけだ。
いわき中央〜いわき四倉 福島県道133号線との交差点

常磐道は福島県道133号線「赤井停車場線」と交差する。この県道も険道チックなので要チェックなのだが…

それにしても…藪が!!深過ぎる!!

これでは橋梁の全体が全く見えないではないか!!!

トラスは見えるのだが…上路トラスか?

いわき中央〜いわき四倉 側道

いわき中央ICから約2km地点

下り線側(仙台方面)
側道はアスファルト舗装…なのだが…両側の植物の勢いが凄い事…orz

緑看板が立っているのだが…全く見える気配なし!

18 いわき四倉 Iwaki-Yotsukura 10km

19 広野 Hirono 24km

南相馬 Minamisoma

この3つの距離標識だと思われる。(現地と写真で確認。間違えてたら掲示板までお願いします)

用地は4車線分…しかし建設は2車線分のため、標識までの距離が遠い…標識好き泣かせの側道だ。

いわき中央〜いわき四倉 福島県道248号線との交差点

側道は途切れ途切れ…大回りの迂回がかなり多い。

福島県道248号線「小川赤井平線」にきてみると上部には常磐道が!!

そして…4車線化の準備のみされている「橋脚」が。

橋脚に…半分しか桁が載っていません!橋脚のもう半分は…全く何もありません!

仙台方面・水戸方面それぞれがこの状態。

コレって…構造的にはOKだろうけど…構造計算上は大丈夫なのだろうか…っと素人考えなのだが。

半分にのみ荷重が掛っていれば傾いたりとか…いや、これ以上色々言うのは止めておこう(;^ω^)

それにしても、見事な準備工である。仙台まで延伸した後に、この上に桁が載っかる日は来るのだろうか…。

常磐道は東北道の代替ルートとしても効果的なので、交通量が増えれば4車線化の動きもあるはずである。常磐道は渋滞が少なく、東北道仙台方面は「福島トンネル」や白石IC、村田JCTなど渋滞のボトルネックも存在するので、状況によって路線を使い分ける事が出来るのは、ルートに柔軟線が生まれ非常に良い事だ。
いわき中央〜いわき四倉 国道399号線との交差点

国道399号線に来ても常磐道は直交するだけ…側道が…無い(TдT)

ちなみに国道399号線の旧道も同じ場所で越えている。

いわき中央〜いわき四倉 県道41号線沿線

183kp付近

下り線側(仙台方面)
福島県道41号線「小野四倉線」を国道6号線方面へ走ると、常磐道の高架橋が姿を現す。

若干カーブを描いている所がポイントであろう。

いわき中央〜いわき四倉 側道

184kp付近

下り線側(仙台方面)
福島県道41号線から側道に入る。アスファルト舗装は好印象であるが、相変わらず草木の勢いは酷い。

常磐道の対面通行区間になる所である。いわき中央IC〜常磐富岡ICは対面通行で供用中。

いわき中央以北の交通量は確かに少ない。現状の通行量であれば、対面通行でも十分であろう。

それにしても…ホントに車が来ねぇなぁ…(;^ω^)

おかげでゆっくりしてしまったじゃないか…側道で。

いわき中央〜いわき四倉 県道41号線沿線

いわき市四倉町大野地区

ナント!!四倉PA裏口ウェルカム!!

コレは行かねば…と思い、標識に沿って「手前を右折」したら…

その先の標識が全く無い!迷走状態である。グルグルまわった挙句…先にいわき四倉IC方面に行く事に…

戻ってきたら、再アタックしてみよう。
いわき中央〜いわき四倉 久原橋(跨道橋)

184kp付近

やっと側道っぽいところを発見…「四倉PA」の1km手前あたりであろう。

水戸方面から仙台方面へ対面通行へ変わる場所に跨道橋が架橋されている。

車線減少と追越車線復活の同時を見る事のできる貴重な場所だ。

路面に描かれている白線や黄線に注目して頂くと共に、中央には分離帯ではなく鋼製の頑丈なガードレールの様なものも設置されている。

いわき中央〜いわき四倉 側道

184kp付近

下り線側(仙台方面)

本線がSの様な曲線を描く。この線形を見る事が出来るから「側道」はやめられない。

標識や構造物も萌えるポイントだが、この線形も十分に萌えるポイントなのだ。

いわき中央〜いわき四倉 側道

184kp付近

下り線側(仙台方面)
上の写真の場所を遠方から見ると直線の橋梁にも見える。

いわき中央〜いわき四倉 八ツ入橋(跨橋道)

いわき四倉IC付近

ホントに側道が見当たらないぞ!!

ってな訳で…途中の道が消えてるならICに先回りしてICから逆工程で道を探す!っと言うのが「高側道探索の鉄則」(っと決めつけている)なので…いわき四倉ICへ。

仙台方面から水戸方面を見ている訳だが…交通量が少なすぎる。撮影中は2,3台しか通過していなかった。

18 いわき四倉 Iwaki-Yotsukura 出口 EXIT

茶色のフレームに緑の標識。この組み合わせは非常に合うなぁ…。

いわき中央〜いわき四倉 側道

いわき四倉IC付近

下り線側(仙台方面)
アスファルト舗装に…

この先は激藪。相変わらず車体に「ガリガリ」と不協和音が…(´;ω;`)

道が無くなってたらどうしようと思いつつ…脱出成功。

しかし…この側道からIC施設はおろか…本線すら見えなかったという…。

ホント、酷い。
いわき中央〜いわき四倉 側道

いわき四倉IC付近

下り線側(仙台方面)

「いわき中央 17」との番号が付いた…カルバー…ではないよな。これは完全にトンネルだろ。

しかも相当な内空高さである。この先は行き止まり。日常的に利用されている雰囲気は皆無。不気味なスポットであった。

いわき中央〜いわき四倉

四倉PA

上り線側(水戸方面)

さっきの県道41号線へ戻り…四倉PA裏口リベンジ!!

今度はPAの方向を意識しつつ山登り。到着はしたものの…入口は中途半端に開いていて、大丈夫なのかと心配に。

食事もできるPAである。平日なので串物が無いのは残念。

風景も良く、風光明美なPAであった。
いわき中央〜いわき四倉 側道

四倉PA付近

上り線側(水戸方面)
側道は本線と並行でしかも高低差は少ないという最高のロケーション!

思わず、本線を覗きたくなってしまうシチュエーションだ。

この区間は「まともな側道」が非常に少ないので余計に「イイ場所だ!」と思えてしまうのだ。

いわき中央〜いわき四倉 大久保橋(跨道橋)

四倉PA付近

四倉PA付近には跨道橋が架かっている。

水戸方面は田園風景の中、高架橋で通過。仙台方面はパーキングエリアの分岐点と前後共々見事な風景が。

いわき中央〜いわき四倉 大久保橋(跨道橋)

四倉PA付近

この後ろ向きは…「四倉PA」の標識なんだろうな…(;^ω^)

全く標識が撮れない区間だったぜ…

今回はここまで!

<いわき中央IC〜いわき四倉IC間 個人的側道探検評価>

項目 星の数 解説
側道探検のしやすさ ★☆☆☆☆ 本当に「側道」と呼べる区間は僅か。大回りの迂回が多すぎる。
側道の秘境度 ★★★★★ 全線に渡り山の中である。人気よりもクマが怖い。
写真の撮りやすさ ★☆☆☆☆ 時期的なものもあると思うが、拡幅用の敷地のお陰で目標物は若干遠め。
撮影スポットの多さ ★★☆☆☆ 時より現れる側道からは良い画が撮れる。
挙動不審(怪し)さ ★★★★★ 山中からカメラを構えているので…でも、交通量が少ないから意外と怪しくな…い訳ないな。
総合評価 ★★☆☆☆ いただきました、星2つです。(゚Д゚ )ハァ?
総括   常磐道の側道は久しぶり…しかも本線を走った事が無い区間の側道探索は初めてです。

印象としては…「側道が無い」というこの事に尽きるでしょう。

その為、見所も少ないという物足りない感じになってしまいました。ですが、良い点も!

まず、本線の線形の美しさを再認識できる!という点。これは跨道橋が多い場所ほど楽しめるのですが、この区間は橋梁で繋ぐ感じなので橋梁の形状も楽しめます。次に、4車線化の準備工の姿を垣間見る事が出来る!っと言う点。あの桁の乗せ方はちょっと…(;^ω^)という感じです。最後に、PAの裏口潜入が大々的に可能。側道を楽しめる要素はあると思います。

もどる