×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

いわき三和〜いわきJCT央

廃(道)とHigh(way)の共演!!「新旧道路の共演側道」

「洋から海へ」をキャッチフレーズに日本列島を横断する磐越道「いわき区間」の最初の区間である。見事な橋梁もあり、激藪の中に沈む側道もあり…様々な側道を楽しめる区間だ。そして、「廃道の先に広がる新たな道路」は新たな時代の到来を感じさせるような、高速道路の勢いを感じられる様な場所も存在する。

(撮影日 2010/09/15 公開日 2010/10/01)

「いわき三和〜いわきJCT」の磐越高側道探索ルート(大体のルートです)

<>
写真 撮影場所 解説
いわき三和〜いわきJCT 国道49号線

いわき三和IC

今回は磐越道「いわき三和IC」からスタート。磐越道最初のインターチェンジは国道49号線と接続している。

いわき三和IC…見えるのに遠いなぁぁぁ…( ´Д`)=3

側道がほぼ死んでいました。あの藪の中は厳しいです。

なので遠くから見ているしかないのです。

「ETC専用」と「一般レーン」が1ヵ所づつ。利用者数は少ないように感じるインターである。場所が何となく中途半端な気がするのは、当人だけだろうか…
いわき三和〜いわきJCT 旧国道49号線との交差点

いわき三和IC付近

磐越道唯一の「下路アーチ橋」発見!!

グリーンのアーチが非常に美しい橋梁だ。

思わず、両面を撮ってしまった。

いわき三和〜いわきJCT 旧国道49号線との交差点

いわき三和IC付近

早速、橋梁の下からイタダキマス!

コンクリートの床版デカイ!!鋼桁迫力満点!!維持管理用タラップも歩いてみたい!!

やっぱり、橋梁は下から眺めるのが最高であることを再認識。走っても良し、見ても良しである。

イイよなぁ…斜材の交わりとか…最高だよなぁ…(*´ω`*)

で…この橋脚にある微妙な斜線は何?ここだけくり抜いたりするの?

一体で施工すればこういう斜線が出来ないような気もするが…何か目的のあっての事だろう。
いわき三和〜いわきJCT 側道

いわき三和IC付近

上り線側(東京方面)

三段緑看板発見!!一番下の表記が変わっている!!

16−1 いわきJCT. Iwaki JCT. 7km

常磐道 JOBAN 水戸 103km

常磐道 JOBAN 南相馬 Minamisoma

以前は「原町(はらまち)」標記であったが、南相馬に変更された。

南相馬市に原町市が飲み込まれたからだと思うが…(;^ω^)

常磐道は仙台方面に延伸を目指し工事中…俄然、全線開通に期待してしまう。

いわき三和〜いわきJCT 側道

いわき三和IC付近

上り線側(東京方面)

側道は草刈り済み。非常に嬉しい。

アスファルトは突然ダートに替わるのも、いつもの側道風景だ。

いわき三和〜いわきJCT 側道

いわき三和IC付近

上り線側(東京方面)

7.5kp付近

7.5kp発見!…それにしても、標識との距離が随分近い!!

「本線が下り坂で側道が登り坂になっている場所で、本線と側道のGLが逆転する地点の標識類は大きく見える」というのは側道のお決まりなのだが、これだけ近いと触ってみたくなる。

実際にフェンスを越えたらアウトですよ!!

いわき三和〜いわきJCT 跨道橋「中山橋」

いわき三和IC付近

7.5kp付近

早速、高速道路上にある跨道橋から「恒例の両方向の本線を見てみよう」のお時間です。

いわきJCT方面は若干の登り坂。その先は僅かにカーブ。高速道路らしい風景。

郡山方面もアーチ橋が見え、その先は綺麗なSカーブ。

高速道路は真っ直ぐという感覚があるが、実は結構カーブが多いのである。
いわき三和〜いわきJCT 跨道橋「中山橋」

いわき三和IC付近

7.5kp付近

跨道橋には横断幕も多い。

かなりの大きさである。そして風にあおられるとスゴイ音がする。

写真が撮りにくくなるのだが、本線通行者の方への情報なので仕方ない。
いわき三和〜いわきJCT 跨道橋「中山橋」

いわき三和IC付近

7.5kp付近

( ゚∀゚)・∵. グハッ!!

多分、側道は藪の中に消えている…と思う。死んでいる側道の雰囲気がするので先に進まないように決めた。

後にこれが大正解の判断であった。

いわき三和〜いわきJCT 跨道橋「中山橋」

いわき三和IC付近

7.5kp付近

下り線側(新潟方面)

出ました!出口1.2kmと微妙な距離だが…

1 いわき三和 Iwaki-Miwa 出口1.2km

接続道路…国道49号線(郡山方面、いわき市平市街地)

この先、磐越道は国道349号線や国道288号線というマニアックな国道に接続する様なルートをとる。

もっとも、国道49号線も流れがいいので田村郡内を通過する様なルート取りにしたのだろうと勝手に思っている訳だが…。

いわき三和〜いわきJCT 迂回中

いわき三和ICから2km先

上り線側(東京方面)

やっぱり進まなくてよかった。

側道が藪の中に沈んでいる。コレは死んでいるはずだ。

バックで何十メートルも進むのはかなり嫌である。そして、脱輪なんかしたらJ○Fを呼ぶのも一苦労。経験者が言うのだから間違いない。

いわき三和〜いわきJCT 迂回中

いわき三和ICから2km先

上り線側(東京方面)

遠くに見える高架橋が磐越道本線。遠すぎる…(´;ω;`)
いわき三和〜いわきJCT 県道66号線との交差点

磐越道のカルバートが見えたが…色がおかしい…。

ふくしま国体のキャラクター「キビタン」が描かれている!!Σ(゚∀゚ノ)ノ

ちょっと目が違うような気がするけど…コレはキビタンだ!!

福島県民ネタで済みません。

いわき三和〜いわきJCT 県道66号線

いわきJCT 1km手前

ようやく、本線をよく見れる場所へ到着。高架橋で田んぼの中を突っ切っているのが磐越道だ。

いわき三和〜いわきJCT 側道

いわきJCT 1km手前

何でだろーね…カルバートの周りはコンクリートの擁壁で垂直な壁になっちゃっているんだよねー。コレじゃー側道が無い訳だよねー。

困ったよ。いわき区間。ここまでガッチリしなくても…
側道から本線を見る人なんか居ないんだから、大丈夫なのに。
いわき三和〜いわきJCT 側道

いわきJCT 1km手前

下り線側(新潟方面)

まともな側道を発見。盛土の上なので少し見えにくい。いわきJCTが近いとあって反対側の上り車線には「東京右へ」の標識が立っている。

下り線側にも「磐越道 下り 2」と書いてある非常電話が設置されている。

いわき三和〜いわきJCT 側道

いわきJCT 1km手前

下り線側(新潟方面)

磐越道開通記念日と桜の木が植えられている区画があった。

丁度その上を磐越道本線が通過している。

いわき三和〜いわきJCT 側道

いわきJCT 1km手前

下り線側(新潟方面)

さてさて…恒例の橋梁下ですが…

橋脚が整然と並んでいる…そして上下線の橋脚の構造の違い…桁も区間によって構造が違うのが分かる。

全てが一体となっていないのだ。

いわき三和〜いわきJCT 側道

いわきJCT 1km手前

上り線側(東京方面)

遠くを見れば…

いわきJCTの緑看板が!!

ズームで撮ると…撮れてる!(爆

新カメラにして、初めての側道だったので、帰ってきてからPCに落とし込んで驚いたものだ。

いわき三和〜いわきJCT 側道

いわきJCT 1km手前

下り線側(新潟方面)

いわきJCT 1km看板をゲットしに…先に進もう!

っと…2.0tの重量制限…

コレは…現役の「木床版の橋ですか!?」

側道を走っていると、このような香ばしい物がたまにある。しかも日常的に利用されている模様。結構な車が通っている。

いわき市道?だよな…。現役だよな…。橋梁台帳を見てみたい気が…(;^ω^)

いわき三和〜いわきJCT 側道

いわきJCT 1km手前

上り線側(東京方面)

すぐ近くまで来たのだが…

水戸方面の標識が全く見えない。ガッカリ。

それに追い打ちをかけるように…

側道にはチェーンがあって立入禁止の模様。

この藪は一体…(;^ω^)
いわき三和〜いわきJCT 側道

いわきJCT 500m手前

下り線側(新潟方面)

うろうろと側道探しをしていると…

いわきJCTの標識が全部見える場所を発見!!

16−1 いわきJCT. Iwaki JCT. 500m

常磐道 JOBAN いわき中央 Iwaki-chuo 南相馬 Minamisoma

常磐道 JOBAN いわき湯本 Iwaki-Yumoto 水戸 Mito

内照式でも無い古いタイプの標識である。

延伸が実現すれば、きっと付け替えの新レイアウトになってしまうだろう。

そして、側道も何故か立入禁止になっているんですがね(;^ω^)

この藪を見たら入る気分も無くなってしまうのであまり気にしてはいないのだが。
いわき三和〜いわきJCT 側道

いわきJCT

下り線側(新潟方面)

そして…この区間最大のハイライトが、いわきJCTの直近にある。

磐越道建設に伴い道路が付け替えられた跡がある。

そして…その先には…

「廃とHigh(way)の共演が!!」

磐越道本線によって道路が完全に寸断されているのである。

この風景だけみれば、間違いなく「King of 側道風景」にエントリーできるであろう。

特筆すべきはその迫力。本線にはない「高速道路の強烈な存在感」がこの場所にはある。

この区間での一番の見どころである。

注意すべきはどうやら一部区域は私有地であるという事。境界鋲や杭がたくさん刺さっているので、見学の際は道路用地から見る事をおススメします。見極めが難しいですが…
いわき三和〜いわきJCT 側道

いわきJCT

下り線側(新潟方面)

会いたかった〜♪会いたかった〜♪会いたか(ry

この区間に来たならキミに会わねばいけないでしょ。

南相馬方面は標識の取り換えがあった模様。随分前に交換されていたので公団フォント残留である。

いわき三和〜いわきJCT 側道

いわきJCT

下り線側(新潟方面)

路盤が完全にそぎ取られています(;^ω^)

道路断面構造もお勉強できるすばらしい場所です。

アスファルト層…厚い!!Σ(゚∀゚ノ)ノ
いわき三和〜いわきJCT 側道

いわきJCT

下り線側(新潟方面)

最後に遠景を…

いわきJCT付近の側道に行きたかったのだが、私有地が途中にあったり道がなかったりと難儀だったので近づかずにここで終了!っと言う事にした。

<いわき三和IC〜いわきJCT間 個人的側道探検評価>

項目 星の数 解説
側道探検のしやすさ ★★☆☆☆ 状況が良い場所が多いが、側道は立入禁止が多い。
側道の秘境度 ★★☆☆☆ いわき三和IC付近は山の中だが、JCT付近は大きな県道も有り秘境度は低い。
写真の撮りやすさ ★★★★☆ 側道は無い物の標識や橋梁などは撮りやすい場所にある。
撮影スポットの多さ ★★☆☆☆ 最後のいわきJCTの場所にはシビれる。その他はあまり撮れるような風景が少ない。
挙動不審(怪し)さ ★★★★☆ 全体を通して人気は少ない方。
総合評価 ★★★★★ いただきました、星3つです。( ´ー`)y-~~
総括   全体的には普通の側道と言わざるを得ませんが、標識や線形、橋梁などの構造物を近くで見る事が着る所は非常に評価が高い側道だと思います。「いわきJCT」の標識を数回も見れるのは良いですね。側道自体は簡易されている区間が多いというのが印象ですが、生活道路にもなっている個所があるので歩きが最高だと思います。

あとは「廃とHigh(way)の共演」は是非見て欲しい!!ココはおススメです。

もどる