×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

福島県道253号線 落合浪江線

浪江町から葛尾村へと抜ける県道。高瀬川渓谷沿いを河川に沿うように進む県道は紅葉の時期には最高だと思われる。途中にある、素掘り隧道と切通しは実に趣のある良い県道だ。(探索日 2010/10/02・公開日 2010/12/09)

写真 撮影場所 解説
福島県道253号線 双葉郡浪江町大堀地区

県道35号線との交差点

福島県道35号線「いわき浪江線」との交差点。

県道253号線 葛尾方面 to Katsurao →

高瀬川渓谷という渓谷沿いを行く県道。

地図を見ると、線が細くてクネクネとしているので、ちょっと期待してしまいそうな県道。

福島県道253号線 双葉郡浪江町大堀地区

県道35号線との交差点

早速、「通行止めゲート」があり、標識も2つと気合いが入っている。

交通規制案内もあり「落石等」があるらしい。規制距離は「23.1km」と結構長め。

福島県道253号線 双葉郡浪江町大堀地区

県道253号線区間

普通の2車線道路。沿線には民家と田んぼが広がる。

この県道は、県道35号線との交差点が起点ではないので注意。

福島県道253号線 双葉郡浪江町大堀地区

県道253号線区間

フルスペックヘキサ登場!

葛尾村まで22km…先ほどの規制案内距離は「23.1km」…っていう事は、この先全線が規制区間という事だ。

福島県道253号線 双葉郡浪江町大堀地区

県道253号線区間

高瀬川を左手に…右手は絶壁。

そして、突然現れる集落。

さらに山の中へ。
福島県道253号線 双葉郡浪江町大堀地区

県道253号線区間

そして…

隧道登場!!「第1号隧道」という名前らしい。

高さは3.8m制限のようだが…幅員が狭い。ちなみに、当方のエクストレイルが入った時にドアを完全に開けることは出来なかったので、大体2m〜2.5mって所だろうか。
福島県道253号線 双葉郡浪江町大堀地区

県道253号線区間

先に進めば切通し場所も。

苔むした感じがまた味わいのある場所だ。
福島県道253号線 双葉郡浪江町大堀地区

県道253号線区間

「第2号隧道」も登場。こちらも「第1号隧道」と同じで素掘りの部分がある。

福島県道253号線 双葉郡浪江町大堀地区

県道253号線区間

高瀬川渓谷を望める駐車場に到着。

対向車が来ると擦れ違いが難しい幅員ではあるが、渓谷の水の音を聴きながらの快適なドライブを楽しめる。

きっと、紅葉の時期とか最高なんだろうなぁ。
福島県道253号線 双葉郡浪江町大堀地区

県道253号線区間

道は相変わらず、川と絶壁にはさまれる。
福島県道253号線 双葉郡浪江町大堀地区

県道253号線区間

そして…

いつも通りの記念撮影♪

交通量はほぼ皆無なのでごゆっくり楽しむことが可能。
福島県道253号線 双葉郡浪江町大堀地区

葛尾村・浪江町境

細い山道の中を進むと、浪江町から葛尾村へと入る。

葛尾村は「交通死亡事故ゼロの村」として有名でる。今も継続中なのかな…?

福島県道253号線 双葉郡葛尾村地区

県道253号線区間

相変わらず…道はこんな感じだ。

福島県道253号線 双葉郡葛尾村地区

県道253号線区間

葛尾村道と分岐。

都路(古道)とあるが、「古い道」ではなく地名である。

県道はここを右折。
福島県道253号線 双葉郡葛尾村地区

県道253号線区間

今までと同じような雰囲気の道が続き…葛尾村落合地区で県道50号線と交差して県道は終わる。

福島県の国道・県道ページに戻る