×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

福島県道347号線 高陦田島線

福島県会津南部でも有名な景勝地「塔のへつり」のほぼ真上を通る地味な区間を持つ県道。地味すぎて走る車もほとんどいない険しい県道でもある。(探索日 2014/08/31・公開日 2014/10/13)

写真 撮影場所 解説
福島県道347号線 下郷町奥田地区 田島町から続くこの県道。険しい区間があるのは塔のへつり付近の下郷町内にある区間だ。
交通量はかなり少なく、沿線の集落を繋ぐ道である。
福島県道347号線 下郷町奥田地区 早速狭路区間が登場。亀裂の入ったアスファルトがなんとも言えない味わい。
福島県道347号線 下郷町奥田地区 景勝地「塔のへつり」の直近を通るのだが、線形が結構激しい。
これだけの線形だと国道121号線の代替ルートにもなれそうにもない感じである。
福島県道347号線 下郷町奥田地区 離合が難しい区間やヘアピンカーブが連続する見通しはあまりよくない。
そして県道のオーラもヘキサもない。
福島県道347号線 下郷町奥田地区 所々に集落が点在している。道幅は相変わらず狭い。
福島県道347号線 下郷町奥田地区 県道沿線には高規格道路「会津縦貫南道路 湯之上バイパス」の中心杭が立てられているので近い将来、走りやすい新たな道が出来上がるであろう。

福島県の国道・県道ページに戻る