×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

〜福島県道383号線 熱塩加納山都西会津線・熱塩加納町中川原地区険道区間〜

本当に福島県道なの?飯豊山麓を走る山深き秘境県道

この県道最大の「険しい区間」にあたる熱塩加納町中川原地区。以前は未舗装の荒れ放題の状態で先には進めなかった。あれから4年。険道区間に劇的変化が!!(探索日 2013/06/29・公開日 2013/08/17)

写真 撮影場所 解説
県道383号線 喜多方市熱塩加納町町中川原地内

県道383号線単独区間

福島県道383号線と喜多方市道が交差する地点へやってきた。
どこから県道がやってくるかというと…写真左側からである。
下の写真は、正面を向いた時の写真。

!!Σ(゚∀゚ノ)ノ{ 何か、舗装されてるみたいなんですけど!!

県道と市道の境は舗装の継ぎ目でくっきりと分かれている。その林の先に県道は続いていた。
これは…逝くしか…
県道383号線 喜多方市熱塩加納町町中川原地内

県道383号線単独区間

コンクリートの真新しい舗装は快適すぎた…
「険道」の「険」を微塵も感じられないような道である。
「県道」の「県」を微塵も感じられないような道であることも然り。

擦れ違いなどは一切不可能である。急こう配にカーブが続くため、見通しは悪い。

県道383号線 喜多方市熱塩加納町町中川原地内

県道383号線単独区間

アレが見えてきた…
唯一の険道区間の名物が見えればこの区間も終わりだ。
県道383号線
県道383号線
喜多方市熱塩加納町町中川原地内

県道383号線単独区間

まさか…エクストレイルとこの角度で記念撮影できるとは!!

4年前は余りの狭さに頭だけ突っ込んで記念撮影後に約15分かけて脱輪しないように超慎重に脱出したひどい道だったのに…この変化はなんなんだ!!

余りの変わり様に寂しささえ感じる。

下の写真が4年前の状態。

県道383号線 喜多方市熱塩加納町町中川原地内

県道383号線単独区間

とりあえず、福島県道383号線をすべて走破したことに満足しつつ…レポ終了。

4年前の同じ場所の福島県道383号線レポを見る

福島県の国道・県道ページに戻る