〜福島県道383号線 熱塩加納山都西会津線(全3回)〜

本当に福島県道なの?飯豊山麓を走る山深き秘境県道

福島県にはたくさんの県道がある。中には「険道」と呼ばれるものもあるが…この県道383号線は筋金入りの「険道」であろう。山のケモノ道のような場所もあり…1車線の峠道がずっと続く場所もあり…。第3回は市町境である新稲荷峠を越え、国道459号線を目指す。狭路、急カーブとウンザリする様な線形が続く。

飯豊山麓を静かに駆け抜ける険道383号線を、3回に分けてレポートするうちの最終回。(探索日 2009/10/11・公開日 2010/07/02)

写真 撮影場所 解説
県道383号線 喜多方市山都町藤巻地内

県道383号線単独区間

(゚∀゚)キタコレ!!

山都町の藤巻集落を越えた途端に始まる酷い路面。

まだ雪も降っていないのに、何故かスリップをしてしまうという、トンデモネー路面状況。

杉の葉、枯れ葉に水をかけ、放置すると「バナナの皮」よりも滑るらしい。

新しい発見だが、エクストレイルでは体験したくない路面状況だ(;^ω^)

県道383号線 喜多方市、西会津町市町境

県道383号線単独区間

新稲荷峠に到着!

喜多方市と西会津町の市町境に無事到着できた。

それにしても…カントリーサインが新しくね?最近設置なのか?ならあの路面を何とかしたらどうなんだ?

と…小一時間ほ(ry

他のサイト様で、走行レポを見たとき、ここは「ダート」だったのだが…美味しい時期を取り逃がしてしまった…

なんて、思うのは険道好きという、一風変わった者しか居るまい。

県道383号線 西会津町

県道383号線単独区間

登ったら下るというのは世の常である。

ここから、怒涛の下り坂攻撃が始まる。

すれ違いは完全に不可。「上り優先です。」なんて常識はココでは通用しないであろう。

退避所もほぼ無し。対向車が来ない事をひたすら願うだけの道となる。

まっ…そんな事気にするほど交通量は無い。というか皆無だった。

山都町「いいでの湯」から約40分走ったが、対向車は皆無であった。

県道383号線 西会津町

県道383号線単独区間

見事だよ。見事な緑だよ。

ホント、飽きるくらい見事な緑だよ。(;´Д`)

県道383号線 西会津町

県道383号線単独区間

路面は「落ち葉祭り」だし、路肩は「減少祭り」だし。

本当に県道なのだろうかと思うような道はしばらく続く。

急勾配な下り坂が余計に路肩転落の恐怖をあおるのだが…

県道383号線 西会津町

県道383号線単独区間

忘れた頃に「県道標識」が出てくるのも、実に趣のある道だ。

西会津町に入ってもなお「西会津町 48km」とはどういう事なのかと、小一時間ほど(ry

県道383号線 喜多方市山都町藤巻地内

忘れていたようだが…「交通規制区間」だったらしい。どの辺からなのか定かではないが…

それにしても、驚きはこの標識である。

この道路は、に交通止

・・・( ゚д゚){ 訳が分からんのだが…

普通は「この道路は、『・・・・・』に『・・・・・』交通止『・・・・・』」となり

『・・・・・』→連続雨量が150mm等々…の規制情報が書かれるのが通例である。

この書き方は…「この道路は(何時でも)通行止め」と言ってるに等しくないだろうか?

それとも、ワタクシの国語力が低いだけか?
県道383号線 西会津町

県道383号線単独区間

さて…難解な文章を理解できぬまま…西会津町45kmを進む事にしよう。

県道383号線 西会津町

県道383号線単独区間

この先は、スノーシェッドや落石防護柵など、施設が充実してきてしまって面白くない…っというか、本来の県道の姿に戻ってしまう道に続く。

県道383号線 西会津町真ヶ沢地区

県道383号線と国道459号線の重複区間

このまま、県道383号線は国道459号線と重複する。

ここでレポ終了!

福島県の国道・県道ページに戻る