×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

東北自動車道「東北高側道 黒磯板室インターチェンジ建設現場」

東北道に新たに設置されるインター「黒磯板室IC」。福島県内限定で活動中の管理人も「黒磯なら射程範囲」ということで…お出かけしました。スマートIC以外の久々の「フルスペックIC」に管理人は興奮しきりでありました。(撮影日 2008/02/14 公開日 2009/03/09)

写真 撮影場所 解説
黒磯板室IC 東北道

上り線

黒磯PA内

「P」からICへは出られません。

ピカピカの支柱に取り付けられた警戒標識。すでに設置済み。供用1ヶ月半前という対応の早いこと。
黒磯板室IC 東北道

上り線

黒磯PA内

(仮称)黒磯インターチェンジ整備事業について

パーキングにはこんな概要も…。見てるだけでワクワクする。

標準横断図とか…橋梁部一般図とか…

食い入るように見る人や、この図面を見て空間イメージが出来る人はどれだけいるのかは甚だ疑問でもあるが…(^_^;)
黒磯板室IC 東北道

上り線

黒磯PA内
黒磯PAにはコンビニが設置されている。

長距離ドライバーには強い味方だ。「ヤマザキデイリー」では焼きたてのパンも扱っているので、側道歩きのお供にもちょうど良い。

黒磯板室IC 東北道

上り線

黒磯PA内
コンビニで食料を調達して、本線(仙台方面)を見ると、土曜日だというのに現場は動いていた。

型枠工事中のようだ。新たな側道を切り下げしたため、法面に型枠を打っているようだ。

黒磯板室IC 東北道

上り線

黒磯PA内
コンビニの影に追いやられてしまった「非常電話」が。

「NEXCO東日本」のロゴは後付けのシールのようだ。

いざというとき…ちょっと見えにくい場所にあるが、工事が終われば移設されるのだろう(きっと…)
黒磯板室IC 東北道

上り線

黒磯PA内

広域交通情報がコンビニの中にぶら下がっていた。

かなり簡素な設置方法だが、コンビニもあるので見る機会は多いと思う。

東海環状道の土岐JCTまで見えるのだが…こんなに広域の必要はあるのか?

あっ…でも、高速を利用する人は結構気になるか…
黒磯板室IC 東北道

上り線

黒磯PA内

我が愛車と黒磯板室ICの新設ランプ橋

両端を見るため…南下を開始!

目指すは…「西那須野塩原IC」ダー!

黒磯板室IC 栃木県道53号線

大田原高林線

デタ。「LED式の電光情報板」

「試験中」の黄色い看板は「供用前の証拠」である。

ちなみに「試験中」の看板は裏に格納する事も出来る。

左手の土工はもちろんインターへの進入路。

そして、右手に入ると「那須プレミアムアウトレットモール」がある。

黒磯板室ICはアウトレット直結のインターチェンジなのである。

東名御殿場みたいな事にならなきゃいいが…

あっ…人口密度が違うし、大丈夫か。

黒磯板室IC 栃木県道53号線

大田原高林線

このシックな感じがいい。

点滅する場所が「LED」ってのも新鮮だ。

福島県内にはこの手の情報板は設置されていない。
黒磯板室IC 栃木県道53号線

大田原高林線

プレミアムアウトレットの出口からすぐに十字路がある。まっすぐ進めばインターチェンジである。

路盤の工事は終わっているので、あとは舗装か?

黒磯板室IC 側道

栃木県道53号線との交差点

下り線
うほっ!

本線と側道がフラット&フェンスがスケスケで本線見放題!

交通量は多いけど…気にしないぞ。通勤割引の時間帯だけど…気にしないぞ。
黒磯板室IC 側道

栃木県道53号線との交差点

上り線
こんどは上り線。

IC開設に伴い、側道の幅員も広く舗装もしっかりとされている。

幅員が広いので中央線が引かれるのだろうと思う。
黒磯板室IC 側道

栃木県道53号線との交差点

下り線
インター標識はパーキングとその分岐線が描かれる予定であるが、まだ供用前なのでマスキング。

最近新設されている「緑看板」は色が濃い目になっているんですね。

ちょっとの変化も気になる年頃なのだ(爆
黒磯板室IC 側道

栃木県道53号線との交差点

下り線
上に架橋されているのは「栃木県道53号線(大田原高林線)」である。

ちょうど、146キロポスト付近だ。

そして…大量にマスキングされている「PA併設IC看板のフルスペック」である。

一枚の大きな鉄板に描かれている標識だ。マスキングの下が…気になる…気になる…
黒磯板室IC 側道

栃木県道53号線との交差点

下り線
んで…お得意のズームで迫ると…

なんと…「黒磯板室『IC』」と書かれているではないか!?

「IC」なんて…あぶくま高原道路の「福島空港IC」の表記以外…見た事が無い。

当初は「黒磯IC」という名前で建設されていたが、「板室」が付いたのも「IC」が付いたのも、黒磯PAと間違わないようにしているのであろう。

ちなみに手前の「那須IC」には「那須 黒磯」と案内されているので、インター名を「黒磯」とするには、やはり「地名をくっつけて混同を防ぐ」という対策が必要だったのであろう。

黒磯板室IC

黒磯板室IC

黒磯板室IC
側道

栃木県道53号線との交差点

下り線
上にある標識を気にしながら…先に進もう。

片方はパーキングで、もう片方は「↑ 出口 EXIT」になるのだろうか。

ズームしても見えなかった。

もちろん、カルバートも新品だ。上路は本線からインターへのランプである。1車線分なので、幅は狭いカルバート。

黒磯板室IC 側道

上り線

黒磯PA付近
これが本線とパーキングのほぼ全景である。インターからの流入路にはバリケードが設置されているが、区画線を引いてしまえば供用開始も可能…?
黒磯板室IC 側道

上り線

黒磯PA付近

ここが今回のインターのハイライト「交差点」である。

現在はまだ路盤工事中のため、施設等々は無いが、確かに「T字」交差しているのが確認できる。
黒磯板室IC 側道

下り線

黒磯PA付近
左から…

側道(工事中)/インターへのランプ(工事中)/パーキングへのランプ/本線(下り線)

4種類の道路を眺める事の出来る絶景ポイントである。

ここにもやっぱり「マスキング標識」が立っていた。

黒磯板室IC

黒磯板室IC

側道

下り線

黒磯PA付近
遠くには「料金所本体」が見える。

周囲には立ち木なども無く非常に見えやすい環境。

ズームで見ても十分に姿が確認できた。

コンクリートの型枠で周囲を保護し、盛土の上に設置という、非常にスタンダートな造りになっている。そして、最近の「NEXCO」の新設料金所のタイプである「箱形」である。

シャープでスタイリッシュな外観が好印象。

「NEXCO東日本」のロゴと「12-1 黒磯板室 Kuroiso-Itamuro」のフォントがしっかりと明示されている。

黒磯板室IC 側道

下り線

黒磯PA付近
先ほどの全景写真は目の前に見える橋梁から撮ったもの。

側道の付け替えや工事用道路の設置によって、橋梁部が延長されているのも確認できる。

黒磯PAから仙台方面からは網フェンスなのだが、東京側はコンクリートの壁により、本線が見えない。
黒磯板室IC 側道

下り線

黒磯PA付近

ここにもちゃんと設置「フルスペック(マスキング)看板」

書かれている内容は上り線と同じである。
黒磯板室IC

黒磯板室IC

側道

下り線

黒磯PA付近
この標識の基礎部分。

片手の標識なので基礎の厚さやボルトの多さをよく見ていただきたい。

本線からではまず見れず、側道でも大抵は地中の中に埋め戻されてしまうので、実は意外と貴重だったりするのだ。

新品ピカピカの柱…何かいいなぁ〜♪

黒磯板室IC 側道

下り線

黒磯PA付近
太陽にあたって少し眩しいが…こういう写真を撮れるのも「側道の醍醐味」というものであろう。
黒磯板室IC インター取り付け道路

とちぎ開通宣言 平成21年3月29日開通

(仮称)黒磯インターチェンジ ランプ延長 L=2.2km

高らかと「開通宣言」をしているのが潔いというか…楽しみを感じる。
黒磯板室IC 黒磯板室IC接続道路 インターから、栃木県道53号線へとつながる。

道路照明灯も設置されているし、舗装もほぼ完了のようだ。

黒磯板室IC 黒磯板室IC接続道路

利便性向上のためICを整備します。

利便性向上…なんていい響きなんだろうか…(;´∀`)

土曜日なのに作業中のお兄さん、お疲れ様です。

黒磯板室IC

黒磯板室IC

黒磯板室IC接続道路 接続道路から料金所を見ると、ほぼフレームは完成。あとは料金所ブースやゲートバーなどの細々とした施設の工事がおこなわれている模様。

「一般」が1ヶ所「共用」が1ヶ所という感じだろう。出口は3か所。

利用料から推測すれば結構、妥当だとは思うが、ハイシーズンはアウトレット渋滞などが発生しそうな感じもする。
黒磯板室IC 黒磯板室IC接続道路

12-1 黒磯板室 Kuroiso-Itamuro

NEXCO東日本 ロゴ

「インター名のフォントがデッカくなってる!!」Σ(´∀`;)

NEXCO西日本や新たに開通した区間の標識の「フォント」が大きくなっているらしい。遠方からの視認性は良いので、これからは大きいフォントが主流になるのだろうか。
黒磯板室IC

黒磯板室IC

側道

下り線

黒磯PA付近

「高側道から」名物? インターの側面を!

まだ未完成なので、ずいぶんと簡素で寂しい感じもするが、コレはコレで良い風景である。

ますます、完成が楽しみである。

黒磯板室IC 側道

上り線

黒磯PAの裏
帰り際に発見したのだが…この側道…

本線に挟まれてるΣ(´∀`;)

場所は…近くに行ったときに自分の目でご確認ください。
黒磯板室IC 側道

上り線

黒磯PAの裏
ランプの擁壁上には真新しいポールが。

「きっと『信号機あり』の警戒標識とかが付く」に違いない!

黒磯板室IC 側道

上り線

黒磯PA付近
それと…インターへの流出路が追加となるという事は…下部構造物も大きくしなければならない。

ココの場合は、下部構造物は「カルバート」なので、エキスパンションを噛まして、カルバートを広くする方法を採用している。

コレだと、本線の通行を妨げること無く工事が行えるというわけである。

左側が「新設」で右側が「既存」だ。

<東北自動車道・黒磯板室インターチェンジ 個人的側道探検評価>

項目 星の数 解説
側道探検のしやすさ ★★★★★ さすが「インターチェンジ」周辺である。見通しも良く、側道の整備率も高い。
側道の秘境度 ★☆☆☆☆ 無い。以上(爆
写真の撮りやすさ ★★★★★ 東京側は遮音壁等が多く、なかなか撮りにくいが全体的に撮りやすい場所が多い。
撮影スポットの多さ ★★★★★ 側道、インターランプ、本線など高速道路の施設が密集しているため、見所も多い。
挙動不審(怪し)さ ★★★★★ 周囲は民家密集です。栃木県に入りました。北関東です。交通量も多いです。
総合評価 ★★★★★ いただきました、星5つです。(;´Д`)スバラスィ…
総括 東北道に久々に追加される「SIC以外のインターチェンジ」です。

福島県内に限定していたこのHPも、新設ICという事で、たまらず遠征してしまいました。(^_^;)

信号機付きという、東北道では珍しいタイプの施設であり、NEXCOになってからの新しい施設とも相まって様々な発見がありました。今度は、本線より利用してみたいと思います。

もどる