×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

東北自動車道「東北高側道 西那須野塩原IC〜那須IC」

「高側道から」初の東北道『栃木区間』(スペシャルを除く)の登場!黒磯板室ICを狙いに行ったついでの行動。後に「トラウマ」になってしまうアクシデントもあった訳だが、初の栃木区間は発見の連続であった。「平凡な風景」が続く側道だが、「側道から」始めるには持って来いの「ノンビリ側道」でもある。(撮影日 2009/02/14 公開日 2009/04/08)

黒磯板室インターチェンジ編はこちらで公開中です。

>
写真 撮影場所 解説
西那須野〜那須 西那須野塩原IC

出口

国道400号線

キリ番が気持ちの良い「国道400号線」のおにぎり

側道は本線からでも確認できる。では、R400を少し大田原に南下して…カルバートをくぐりまして…すぐ左に入りますよっと…
西那須野〜那須

西那須野〜那須

側道

上り線

「塩那6」

西那須野塩原の「塩」「那」を取っているようだ。

別に「西塩」とか「塩原」とかでも良かったのではないだろうかとも思ったりしたが、管理上の都合なのであろう。

それにしても…この区間は厳重な感じがする。

この先、十数か所は全てバリケードがしてあり、くぐって反対側の側道に出ることはできないようになっている。

まぁ、周辺地図を見てもらえば分かるのだが…向こう側は「栃木県畜産試験場」なのである。
西那須野〜那須 側道

上り線

近年稀に見る(?)「立派な側道」である!

車一台分の幅員しかないが、アスファルト舗装だし、本線もそれほど高い位置にあるわけでもないし、何より動きやすい。
西那須野〜那須 側道

上り線

もちろん…標識も良く見えるのである。

早速、見えた!

12 西那須野 塩原 Nishinasuno-Shiobara 出口(EXIT)

接続道路…国道4号線・国道400号線

国道4号線…黒磯・宇都宮方面

国道400号線…塩原温泉方面

西那須野〜那須 側道

上り線

ラーメン構造に据え付けられている標識。

こっそりと「大田原」の補助標識も付いている。

緑色も色あせている。年期を感じる標識だ。
西那須野〜那須 側道

上り線

高い松の並木が印象的な本線と側道。

どんどんと先に進もう。

西那須野〜那須 側道

上り線

西那須野塩原IC 500m手前
ここでは、照明を照らすことにより、夜でも標識を見せる方法である。

内部に照明を設置している看板よりも、見やすいのが特徴であろう。

管理人的には、このタイプは好きだ。
西那須野〜那須 側道

上り線

西那須野塩原IC 500m手前

降雨時は通行できません 西那須野町

…雨じゃなくてホント良かった( ´Д`)=3
西那須野〜那須 側道

上り線

西那須野塩原IC 500m手前
何なのだろうか…この「厳戒態勢」は…

管理人はその先を見たくなってしまった…(きっと、皆様もそう思うはず)

だが、これはホントに越えてはいけない…というか越えない方が良かったと、心から思う事がこの後に起こる。
西那須野〜那須 側道

上り線

140kp付近

140kpと非常電話と…冬道御用達の「塩カル」

冬道ならではのコラボレーションである。
西那須野〜那須

西那須野〜那須

側道

上り線

140kp付近
出た!福島県内では見ない「キリ番」キロポストだ。

1 川口へ(For Kawaguchi) 140km

下り線では「へ」が「から」に変わったものが設置されている。
西那須野〜那須 側道

下り線

西那須野塩原IC 1km手前
本線をくぐりました。

高台の側道から「東京方面」を。

下り線側の側道は本線よりも高い位置にあるので、非常に見通しが良い。

苦労して道なき道を走ってきただけはある。(道なき道ってわけでもないが…)
西那須野〜那須 側道

下り線

西那須野塩原IC 1km手前
今度は「仙台方面」を。

あいにくの天気だったが、この様な風景が見られるのは非常にうれしい。

側道冥利に尽きるなぁ…(-_-;)
西那須野〜那須 側道

下り線

西那須野塩原IC 1km手前

ちなみに、側道はこんな感じであった。

夏には草木に覆われ絶対に来れない(というか来たくない)側道である事は間違いない。

ちょうど、車一台分の幅員しかない。轍があるという事は、少なからず車が来るのであろう。
西那須野〜那須

西那須野〜那須

側道

下り線

西那須野塩原IC 1km手前

(12-1 黒磯板室 Kuroiso-Itamuro 6km)

13 那須 Nasu 12km

ETC出口 13-1 那須高原SA Nasukogen 20km

福島 Fukushima 121km

今回の目標標識の1つだ。

まず、一番上は「供用前なのでマスキングされた『黒磯板室』」である。

そして、普通の距離標識が来て…

「最近増えてきた、ETC出口」の標識である。「ETCの標識は『紫』」と言う事で定着しているようだ。

標識をズームしてみたが…目の前の木にピントが…○| ̄|_

マスキングの跡もちょっと見える所がまたなんとも言えない趣が…
西那須野〜那須 側道

下り線

西那須野塩原IC 1km手前
側道から帰ろうと…Uターンしたら…

「ゴズッ」っと鈍い音が…

脱輪しました。側溝に落ちました。脱出不可能です。

落ち葉の下に側溝があったようだ…まったく気がつかず…

「側道をナメたらダメだぞい」と言う事を教えられた瞬間であった。

もちろん、自己脱出は不可能と判断。JAFを呼ぶも…

JAFのおぢさん「一体、何をしにここに来たんだい?珍しいねぇ〜。これ、引っ張れる以前に、レッカー入れるかなぁ〜」

たかな「…(;´Д`)」

西那須野〜那須 側道

上り線

西那須野塩原IC 2km手前
脱出しました。脱輪にご注意くださいね。

12 西那須野 塩原(Nishinasuno-Shiobara) 2km

西那須野と塩原の間にスペースがあるのがポイントだろうか…

内部の照明により、看板が見えるようにするタイプだ。随分と何期の入った「緑色」である。

巨大なラーメン構造に取り付けられた看板は、非常に重そうだ。
西那須野〜那須

西那須野〜那須

側道

上り線

西那須野塩原IC 2km手前
気を取り直して、那須IC方面へ向かって側道をゆく。

しばらく、盛土本線と低地側道が続いてゆく。ガードロープなので、割と本線が見えやすいのがこの辺りの特徴であろう。

かすかに見えるパーキングエリアの標識。

黒磯(kuroiso) 3km

ETC出口 那須高原(Nasukougen) 18km

黒磯パーキングエリアまで3kmという事は、黒磯板室ICまでも同じ距離であろう。
西那須野〜那須 側道

上り線

西那須野塩原IC 2km手前

なんだ…もっと近くに行けば見えるじゃん(;´Д`)=3

西那須野〜那須

西那須野〜那須

側道

上り線

142.3kp
この辺のカルバートは大体が「2.9mの高さ制限」である。

コンクリートの経年劣化の跡が見えるのと、標識の色あせ具合が印象的。

ちなみに、このカルバートの先は人家なので注意が必要だ。しかも、この先は私有地のため、折り返す必要がある。

142.3kpを撮って西那須野IC付近まで戻ることに(TдT)
西那須野〜那須 側道

上り線

142.3kp

「十字の印と四角の印」が立っているのがお分かりだろうか?

本線上で見かけるこの表示。実は重要な物である。
西那須野〜那須 側道

上り線

142.3kp

十字が「起点」

「これは下部に道路などがありますよ。」という標である。

本線を走っているとお分かりだと思うが、下路の事などは分からない(というか気にしている場合ではない)ので、こういった表示をする必要がある。

また、除雪の際に下部に雪を落とさないようにする標でもある。
西那須野〜那須 側道

上り線

142.3kp

四角が「終点」

西那須野〜那須 栃木県道53号線

大田原高林線

黒磯板室ICの建設現場である。

2009年3月29日に無事供用開始を迎えた。

レポートはココから!黒磯板室インターチェンジ編
西那須野〜那須 側道

県道53号線との交差点

下り線
黒磯板室IC整備工事に伴い、側道もしっかりと整備されたようだ。

幅員も広くセンターラインが引かれれば、2車線の快適な道路となるであろう。

本当の、この側道のすごい所は「フェンスがスケスケ」って事なのだが…。

本線がよく見渡せる「良景観側道」である。
西那須野〜那須 側道

県道53号線との交差点

上り線
こちらは上り線。黒磯パーキングの先にインターの分岐路が設けられている。

こっちも下り線同様「良景観側道」だ。

西那須野〜那須 側道

上り線

146kp付近
黒磯PAは146kp付近である。

ちょうど、栃木県道53号線との交差部にあたる場所だ。

西那須野〜那須 側道

上り線

146kp付近

黒磯PAの看板+黒磯板室ICの出口標識(マスキングバージョン)

黒磯PAはコンビニ併設の小さなパーキングエリアである。

黒磯板室ICの出口の標識は…

『12-1 黒磯板室IC(Kuroiso-Itamuro)』となり「IC」が付いている。おそらく「黒磯PA」の表示との差別化であろう。

ちなみに「那須IC」の標識にも「黒磯」が出てくるので、分かりにくいと言えば確かに…と思う(^_^;)
西那須野〜那須 側道

上り線

146kp付近
オーバーパスをしているのが「栃木県道53号線」である。

橋脚が珍しい「鋼柱」である。

西那須野〜那須 側道

上り線

黒磯PA付近
黒磯板室ICは平面交差を使用した、東北道では「特異な信号機付きIC」というのが注目点であろう。

見える橋梁は「料金所から上り線(東京方面)」と「上り線から料金所」へ向かう対面通行の橋梁である。

西那須野〜那須 側道

上り線

黒磯PA付近
鋼桁橋である。

橋脚もスマートな形を採用。

すっきりとしたデザインである。
西那須野〜那須 側道

上り線

黒磯PA付近
ランプ橋は「ゴム支承(免震型支承)」を採用している模様。
西那須野〜那須 側道

上り線

黒磯PA付近
東北道上の架橋から仙台方面を。

パーキングへの併設だけあって、車線が複雑に合流している。

工事用の仮設物もあるので、余計に複雑に見える。
西那須野〜那須 側道

上り線

黒磯PA付近

ここが、黒磯板室ICの「平面交差部分」のズームである。信号機によって交通整理を行う。

重機がいる辺りが交差点のど真ん中だろう。

この日はまだ信号機の支柱などは設置されていなかったが、開通後に利用した所、「LED式」の薄型の信号機が設置されていた。

西那須野〜那須 側道

下り線

黒磯PA付近
こちらは下り線部分。

インター方面のランプは未舗装の状態。

でも「直角カーブの標識」は設置されていた。
西那須野〜那須 側道

下り線

黒磯PA付近
東北道上の架橋から「黒磯板室IC」の料金所本体が見えた。

真新しい料金所は「真四角タイプ」である。

西那須野〜那須 側道

下り線

黒磯PA付近
こちらは下り線。

遮音壁とフェンスの二重バリアである。

「遮音壁」の意味あるのかなぁと思ったりもするのだが…。

側道は周辺の生活道路のようだ。

西那須野〜那須 側道

下り線

黒磯PA付近
逆を向けば…側道は「死んでいる」ようだ。東京方面はこれ以上先には行けない。
西那須野〜那須 側道

下り線

黒磯PA付近

ココにもマスキング看板発見!

遮音壁に隠れて全体は見えないものの、迫力は十分である。
西那須野〜那須 側道

上り線

黒磯PA 1km先
側道はひたすら本線と平行に走る。

舗装もされており、フェンスも格子なので本線も見やすい。

ただ、平凡すぎる区間だ。
西那須野〜那須

西那須野〜那須

側道

上り線

黒磯PA 1km先

P 黒磯(kuroiso) 1km i ハイウェイ情報ターミナル

黒磯板室IC供用と同時に新たな標識が設置されるようだ。

後ろに見える真新しい鋼材の支柱が建てられており、「標識の世代交代」が行われるようである

黒磯PAの標識の色あせや傷の具合が年代を感じさせる。

緑の標識がこんなにも間近で見れる場所は結構「レア」なのだが、長年案内してくれた標識に敬意を表そう。

ちなみに黒磯板室IC供用後は、この標識は撤去されており、黒磯PAと黒磯板室ICの路線の位置関係図の標識が掲げられていた。

西那須野〜那須 側道

上り線

黒磯PA 2km先
ここにも新しい標識を設置するべく、真新しい支柱が。

これだけハンチ部分が大きいと相当大きな標識が掲げられることであろう。

西那須野〜那須 側道

上り線

黒磯PA 3km先
那須ICまでは快調な側道を進む。

盛土&防音壁の組み合わせが非常に残念でもある区間だ。

西那須野〜那須 側道

上り線

黒磯PA 3km先

非常電話の標識

フォントが「公団フォント」ではないように見える。
西那須野〜那須

西那須野〜那須

側道

上り線

黒磯PA 3km先

黒磯(Kuroiso) 3km

矢板北(Yaita-Kita) 21km

三段目にも設置出来そうなスペースが…。

黒磯の標識は角が丸いので最近付け替えがあったのだろうか?(ちなみにIC供用後でもこの標識は存続している)

次の矢板北PAは東北道でも屈指の渋滞発生箇所である。

西那須野〜那須 側道

下り線

那須IC 2km手前
那須ICに向かう前に…那珂川を渡るのだが…側道は無い。

その為、那須ICに行くには県道389号線と県道17号線で大きく迂回をして、更に側道を戻って那須ICに行く必要がある。

期待した側道も何故かこの辺はすべてダート。
西那須野〜那須

西那須野〜那須

側道

下り線

那須IC 1km手前

13 那須(Nasu) 黒磯(Kuroiso) 出口(EXIT) 1km

接続道路…国道4号線

国道4号線…宇都宮・郡山方面。那須市街地。

東京からも福島からも近い避暑地的な場所「那須」。

那須ICは那須観光の拠点的な場所である。様々な方面に行くのに便利な場所にある。

西那須野〜那須 側道

下り線

那須IC 1km手前

この先9km 那須高原SA に ETC出口あり 軽・普通限定

なんと律儀な東北道!( ;∀;)

那須高原SICって、結構山奥にある印象があるのだが…

西那須野〜那須 側道

下り線

那須IC 1km手前

この橋梁のくねり具合が…(・∀・)イイ!!

鉄柱の橋脚とは…また味がありますな。
西那須野〜那須 側道

下り線

那須IC 1km手前
橋梁をくぐったとたん…広がるのは…道なき道。

脱輪が怖いから撤収。

西那須野〜那須 側道

下り線

那須IC 1km手前
橋梁の上より…東京方面

素晴らしい側道であった。

としみじみ思えるのは…J○Fのおかげか…(;´Д`)

<西那須野塩原IC〜那須IC間 個人的側道探検評価>

項目 星の数 解説
側道探検のしやすさ ★★★★☆ 側道は上下線に完備。所々、途切れていることはあるものの、おおむね良好である。
側道の秘境度 ★★☆☆☆ 山は深い感じだが…本線がすぐ隣なので、この評価。
写真の撮りやすさ ★★★★★ この側道は撮りやすい。無理な体制も必要ないし。
撮影スポットの多さ ★★★★★ 今回の訪問は最高だった。工事現場も押さえられて一石二鳥。現在でもきっと魅力的な側道には違いあるまい。
挙動不審(怪し)さ ★★★★☆ 時間帯や曜日を間違えると、本線から丸見えなので注意。
総合評価 ★★★★☆ いただきました、星4つです。ド━(゚Д゚)━ ン !!!
総括  

何だかんだで「栃木県はアツい」かもしれません。

と「白河IC〜栃木県境」編で述べましたが…

激アツてんこ盛りでした。

福島県を越えると、何となく雰囲気が変わる東北道。そして、工事現場まで見る事が出来ました。

いろいろあったけど…「プラマイゼロ」!…にしたい( ;∀;)

脱輪とか…脱輪とか…。15,000円…チクショー( ;∀;)
側道は油断できないことを身をもって知りました。

もどる