×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

仙台北部道路道「仙台北部高側道 利府JCT+おまけ」

仙台北部道路と三陸自動車道を結ぶ「利府JCT」は広大な田園地帯の中に現れる高架ジャンクション。巨大な仙台環状道路を形成する重要な分岐点でもある。ジャンクションは道路好きな方に、新幹線車両基地は鉄道好きな方に…交通系が好きな方にはお勧めの場所だ。(撮影日 2012/07/28 公開日 2012/11/01)

写真 撮影場所 解説
仙台北部道路 利府JCT 仙台北部道路

利府JCT付近

仙台北部道路と三陸道の分岐点にある「利府ジャンクション」は高架ジャンクションである。
東北道・仙台東部道路・仙台南部道路はそれぞれジャンクションで繋がっており、巨大な環状道路「仙台圏環状道路」を形成している。

仙台北部道路 SENDAI-HOKUBU ROAD
利府しらかし台 Rifu Shirakashidai
東北道 TOHOKU EXPWY
盛岡 Morioka 青森 Aomori

三陸道 SANRIKU EXPWY
松島 Matsushima 石巻 Ishinomaki

仙台北部方面に東北道があるのはこの先、富谷ジャンクションと接続されている為で「盛岡・青森方面」へと抜けることが出来る。
今回のメインは…もちろん「側道から見るジャンクション」である。
仙台北部道路 利府JCT 仙台北部道路

利府JCT付近

広大な田んぼの中に…巨大な橋梁群発見!!

要塞みたいで何だか激しく萌えます(〃∇〃)

仙台北部道路 利府JCT 仙台北部道路

利府JCT付近

仙台北部道路側にある分岐標識。

三陸道 SANRIKU EXPWY
松島 Matsushima 石巻 Ishinomaki

仙台東部道路 SENDAI-TOBU ROAD
仙台空港 Sendai Airport 国道6号線 相馬 Soma

国道6号線はマスキングがされている模様。常磐道が開通すれば「おにぎり」が消えて「常磐道」の表記に変えられるようになっていると思われる。
仙台北部道路 利府JCT 仙台北部道路

利府JCT付近

仙台北部道路から各方面へランプが入り乱れる。
開通当時はフルジャンクションではなかった為、こんなにも橋梁は多くなかったはずだ。
仙台北部道路 利府JCT 仙台北部道路

利府JCT付近

三陸道を背に、仙台北部道路の利府しらかし台方面を見る。
左側が三陸道から仙台北部道へのランプで、右側が仙台北部道から三陸・仙台東部道へのランプ。
整然と並ぶコンクリート橋脚が美しい。
仙台北部道路 利府JCT 仙台北部道路

利府JCT付近

見事な空中回廊!
仙台北部道路 利府JCT 仙台北部道路

利府JCT付近

鉄の伸び伸びとしたカーブが美しい風景。
仙台北部道路 利府JCT 仙台北部道路

利府JCT付近

高速道路用地内ではまだ工事が進んでいるが…何の工事だろうか…(;^ω^)
ジャンクション鑑賞中もおぢさんの冷たい視線を浴びつつ…ウロウロ…
仙台北部道路 利府JCT 仙台北部道路

利府JCT付近

視点を変えれば、これまた美しい!!
迫ってくるような感覚がタマラナイ。

諸事情もあり長居も出来なかったので…これだけ…(´;ω;`)

仙台北部道路 利府JCT 東北道 下り線

仙台南IC手前

ここからはオマケ…

遂に東北圏でも「電光情報板」が登場しました!!\(´▽`*)

首都圏や都市高速ではお馴染みではあるが…まさか仙台環状にこれが設置されるとは思わなかった。
現在は絶賛稼動中である。
仙台北部道路 利府JCT 国道4号線

仙台バイパス

もういっちょ…オマケ。
国道4号線の仙台バイパスに設置されている「青看板」は情報量が多くて読み取るのは大変。
渋滞でノロノロが多いので、あまり困ることはないのだが…にしても情報詰め込み過ぎ感が…
仙台北部道路 利府JCT 利府新幹線車両基地 利府ジャンクションの脇には「JR東日本の利府車両基地」があり、新型車両E5系やその他、様々な新幹線車両を見ることが出来る。

<仙台北部道路 利府JCT+α 個人的側道探検評価>

項目 星の数 解説
側道探検のしやすさ ★★★★★ 田んぼの中にあるので非常に見通し良し!
側道の秘境度 ★☆☆☆☆ 特に秘境でもない。
写真の撮りやすさ ★★★★★ 障害物がほとんどないので最高。
撮影スポットの多さ ★★★★★ ジャンクションに高架区間。鋼橋梁が好きな方必見!
挙動不審(怪し)さ ★★★★★ 周辺道路は意外と通行量多し。
総合評価 ★★★★★ いただきました、星5つです。
総括   高架ジャンクションを手軽に鑑賞するにはちょうどいい場所かと思います。ゆっくりと散歩しながら鑑賞するのがいいでしょう。鉄道好きな方は車両基地へ!っという事で、一粒で二度おいしい場所なのです。

福島県外の高速道路の側道から