×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

東北自動車道「東北高側道 須賀川IC〜郡山南IC」

住宅地の中に位置する須賀川ICから福島県の中心にある郡山市までの区間。川口から200km、新幹線との交差に側道でハイウェイラジオなど高速道路に係る全ての要素がギッシリと詰まった区間である。肝心の側道はアスファルト舗装あり、ダートありケモノ道ありと様々なバリエーション。側道の魅力を知る、再確認できる良い側道である。(撮影日 2010/12/18 公開日 2011/01/09)

「須賀川IC〜郡山南IC」の東北高側道探索ルート(大体のルートです)

写真 撮影場所 解説
須賀川IC〜郡山南IC 側道

須賀川IC付近

早速、今回のスタート地点である須賀川ICの側道へ到着。

周辺は閑静な住宅地である。そんな住宅地の中に鎮座している感があるのが須賀川インターチェンジである。

「16 須賀川 Sukagawa」というインターチェンジの屋根に設置されている緑標識の色褪せ具合が何とも言えない味わいを醸している。

そして、周囲の住宅から痛い視線を受ける様な場所なので、長居はできれば避けたい場所でもある。
須賀川IC〜郡山南IC 側道

須賀川IC付近

上り線側(東京方面)
本線と側道はコンクリート板を積み重ねた遮音壁とフェンスの二重バリア。

本線からの走行音が聞こえるのだが…このコンクリートの壁は意味があるのだろうか…(謎

ついでなので、「須賀川IC出口標識」がこんにちは状態なので記念撮影♪

須賀川ICは福島空港を利用する際に最も最寄りのICである。この先の矢吹ICから「あぶくま高原道路」を利用しても構わない。
ってか、福島空港の場所が中途半端な…(ボソッ

16 須賀川 Sukagawa 出口

接続道路案内…国道4号線・国道118号線

国道118号線経由で会津若松方面にも行く事が出来る。
須賀川IC〜郡山南IC 側道

須賀川IC付近

上り線側(東京方面)
側道ではお馴染みの…

側道キロポストである。

「東日本高速道路(株)」のシールが上から貼られている。

側道キロポストも色々とあり、二本松から北の区間で設置されている様な小さな表示から、このような「ゴミ捨て厳禁」の看板と同じ大きさのキロポストと統一感が無い。

須賀川IC〜郡山南IC 側道

須賀川IC付近

上り線側(東京方面)
本線の緊急時に利用される(と思われる)進入扉を発見。

ちょっとだけ隙間が開いているのだが、本線の様子をうかがう事は出来ない。

手前にフェンスがあり、「本当に使えるのか?」という疑問があるのだが…

「赤い逆三角形」の表示が目印。コレも蔦にやられている模様。
須賀川IC〜郡山南IC 側道

199kp付近

上り線側(東京方面)
早くもこの区間の「第1見晴らし場所」が登場してしまう。須賀川ICからは1kmも離れていない。

本線と側道の高さが逆転する区間。なので、側道から本線を見下ろすような形になる。

特に東京方面の風景は「高速道路独特のカーブ」の形状を楽しむ事が出来る場所。須賀川ICへの流出路線も見る事が出来てお得感もある。

逆に仙台方面の風景は若干の開削区間になる。

どちらにしても、「高速道路を見下ろす快感」というのはとてもタマラナイ感覚である。

少なくとも私はそう思う。
須賀川IC〜郡山南IC 側道

県道67号線との交差点

上り線側(東京方面)
福島県道67号線「中野須賀川線」との交差点には跨道橋が架かっているのだが、その隣に最近施工された橋がある。

新山側道橋 2009年7月

県道の跨道橋は車道分の幅員しかなく、歩くには危険が生じるため、歩行者用の橋として建設されたのであろう。

「側道橋」って、何だか萌える。

須賀川IC〜郡山南IC 側道

199kp付近

上り線側(東京方面)
この辺りは病院があったり、通学路になっていたりと交通量が多い。

そのため、側道もアスファルト舗装の高級仕様。

須賀川IC〜郡山南IC 側道

199kp付近

上り線側(東京方面)

須賀川IC出口1km標識を発見!

木に隠れて「空港」の文字は見えないが…
須賀川IC〜郡山南IC 側道

199kp付近

上り線側(東京方面)
フェンス1枚隔てて高速道路本線の風景。そして、維持管理用らしき扉があるのだが…

南京錠だけで大丈夫なのか〜?(;^ω^)

しかも、最近になって開けられた形跡が見当たらないというのも年代を感じさせる。

おそらく使われていないんだろうな。

須賀川IC〜郡山南IC 側道

199kp付近

上り線側(東京方面)
側道と本線の高さが概ね同じくらいの場所に来た。須賀川ICから約1kmしか離れていないので3段標識を見る事が出来る。

17 郡山南 Koriyama-minami 8km

18 郡山 Koriyama 17km

   福島 Fukushima 62km

この先、「17 郡山南」「18 郡山」「18−1 郡山JCT」と郡山市の名を冠したインターチェンジやジャンクションが続く。

角が丸いタイプの物に差し替えられたようだ。

そして、最近はLEDの物も登場してきた「広域情報」電光情報板だが、ここでは従来のタイプが現役で活躍中。

「西川−月山 スベリ止め必要」と表示されているが、この区間はこの先の100km以上離れた「山形自動車道」の区間の事である。

さすが広域情報。
須賀川IC〜郡山南IC 側道

199kp付近

上り線側(東京方面)
いい加減に須賀川ICから郡山南ICへ進むとしよう。

側道は一応舗装されているが、ひび割れや轍のおかげでボコボコ路面。

コレでもマシな方だ。
須賀川IC〜郡山南IC 側道

200kp付近

上り線側(東京方面)
なんと!見れるとは思っていなかったが…

側道から「川口まで200km」のキリ番キロポストを発見!&記念撮影♪

福島県を代表する果実「モモ」の図柄である。「川口まで200km」「福島」という文字が入っているが、いずれも公団フォントでは無い模様。昔からこうだった気がする。

せっかくなので、標識の裏側も見てみよう。

・・・何だか細い柱が2本で支えており、若干華奢な感じも受ける。
須賀川IC〜郡山南IC 側道

200kp付近

上り線側(東京方面)
側道より本線の高さが高い場所は「大抵、本線の様子を窺い知ることは出来ない」というのが側道の通例。

でも、どうしても「通常の200kpが見たい!」っと思ったら…すぐ見える位置に居た。

ついでに下り線にある「川口から200km」もギリギリ見る事が出来た。

夏は無理なんだろうな…
須賀川IC〜郡山南IC 側道

200kp付近

上り線側(東京方面)
さっきのアスファルト舗装から…いつの間にかダートに替わり…轍が出来て…草が(汗

須賀川IC〜郡山南IC 側道

200kp付近

上り線側(東京方面)

東北新幹線と東北道がクロスするポイント!

200.3kp付近。福島県内では「白河中央SIC」手前付近で1度クロスするので、この場所は2度目のクロスポイントだ。

フェンス1枚隔てて本線というスタイルは相変わらずで、上部を新幹線が通過するともの凄い騒音と振動がする場所でもある。

須賀川IC〜郡山南IC 側道

200kp付近

上り線側(東京方面)
新幹線の橋梁の下には「桁下3.8m」と書いてあるゲートがあるのだが…その先には道が無い。

この高さ制限のゲートは本当にこの橋梁の下でしか意味をなさない模様。

この先に道が無いのも何だか切ない…
須賀川IC〜郡山南IC 側道

200kp付近

上り線側(東京方面)

16 須賀川 Sukagawa 2km

須賀川IC 2km標識が立っていた。

福島空港の補助標識も設置されているのは、1km標識と同じだ。

須賀川IC〜郡山南IC 側道

202kp付近

下り線側(仙台方面)
須賀川2km標識から先は側道が無くなっていた為…迂回して再び側道を見つけるものの…数十mで道が消えていたので、かなり多周りで側道にやって来た。

安積 Asaka 3km

安達太良 Adatara 23km

「安」という文字が付く地名が続く。

安積は「あさか」と読む。

茂みに隠れて看板の全景を捉える事は出来なかった。
須賀川IC〜郡山南IC 側道

202kp付近

下り線側(仙台方面)
この区間では珍しいコンクリート橋。

久々に構造物見た。

須賀川IC〜郡山南IC 側道

202kp付近

下り線側(仙台方面)

郡山市街に近づくにつれて「コンクリートの遮音壁」が側道からを邪魔してくる。

この壁、この区間に必要か?っと思ってしまったり…
須賀川IC〜郡山南IC 側道

203kp付近

下り線側(仙台方面)
この日は工事により車線規制であった。

規制中の車線には黄色のエクストレイルが!

本線で黄色が頑張ってるようだ。

側道でも黒いのがガンバッテルゾー!\(´▽`*)

う〜ん・・・謎だ。
須賀川IC〜郡山南IC 跨道橋

柳池橋

高側道から見える風景の中でも、跨道橋からの風景は一際目を引く風景が多い。

東京方面は平地の中を走るゆったりとした風景が広がる。

仙台方面は開削の中を進む風景。

遠くに「安積PA 2km」の標識が見える。

安積PAはパーキングエリアなのだが、標識のアイコンはサービスエリアと変わりが無いのが特徴的だ。

須賀川IC〜郡山南IC 側道

204kp付近

下り線側(仙台方面)

休憩施設で「i」ハイウェイ情報ターミナルをご利用ください

安積パーキングエリアで情報を入手していこうという事だ。
須賀川IC〜郡山南IC 跨道橋

背坂橋

跨道橋だが、ここは水路も併設されている。

この周辺は農地が多い為、水を利用する場合、高速道路によって分断されてしまうと非常にマズイ事になる。

その為、高速道路上を水路を通過させる必要がある。

跨道橋に併設させる場合や水路橋のみを設置する場合もある。

そもそも、道路管理者と水路管理者は違う事が多い。
須賀川IC〜郡山南IC 側道

205kp付近

上り線側(東京方面)
須賀川市と郡山市境には「双子カルバート(と勝手に命名)」が存在している。

片方には水路と未舗装路。もう片方はアスファルト舗装と統一感は無し。しかし、両方とも「高さ制限3.8m」という標識が設置されている。おそらく農耕車しか通過しないであろう。

設計時に何か道路計画でもあったのだろうか。

須賀川IC〜郡山南IC 側道

205kp付近

上り線側(東京方面)
上り線側の側道は田んぼのあぜ道といった所。

仕方無いので、カルバートを潜って下り線側(仙台方面)の側道へ。

須賀川IC〜郡山南IC 側道

205kp付近

下り線側(仙台方面)

郡山市のカントリーサインを発見!図柄は「采女(うねめ)」である。

郡山市内には道路の名称で「うねめ通り」や「うねめ祭り」など「うねめ」を冠した名称が多い。
そもそも…采女とは何ぞや?っという…隣町民のワタクシ。
須賀川IC〜郡山南IC 側道

205kp付近

下り線側(仙台方面)

「ハイウェイラジオ 1620khz ここから」

側道から見るとかなり大きい。

標識自体は上り線側に設置されている。

ここに…「ハイウェイラジオ放送区間」があるという事は…

須賀川IC〜郡山南IC 側道

205kp付近

下り線側(仙台方面)

東北道205kp付近の側道では、ハイウェイラジオを聴く事が出来ます!

アスファルト舗装&幅員も十分な場所で、午後の一時に「側道でハイウェイラジオを楽しむ」のは如何でしょう?(^^ゞ
須賀川IC〜郡山南IC 側道

205kp付近

下り線側(仙台方面)
何の変哲もない側道ではあるが…植栽の中には思わぬ物が隠れている場合がある。

安積パーキングエリアの案内標識が!

植栽のおかげで、何km予告なのかは不明…。

お馴染みの「P」にGSに軽食に「i」と4つのアイコンが表示。まるでサービスエリアの標識みたい。
須賀川IC〜郡山南IC 側道

205kp付近

下り線側(仙台方面)
最近増えてきている、電光情報盤。

「冬タイヤ 早め装着」の表示がされていた。

須賀川IC〜郡山南IC 側道

205kp付近

下り線側(仙台方面)
高速道路走行中はガソリンスタンドの情報も重要。そして、横断幕にもかなりの情報が書かれている。

この先 約53km 東北道吾妻PA 7時〜22時

須賀川IC〜郡山南IC 側道

安積PA付近

下り線側(仙台方面)
安積PAの案内標識…の裏側。

須賀川IC〜郡山南IC 跨道橋

豊永橋

跨道橋が多いのもこの区間の特徴。今までの中でも出てこなかった跨道橋は他にもある。

仙台方面は「安積パーキングエリア」へのランプが両方向に設置されているので幅員が若干変わっている。

須賀川IC〜郡山南IC 側道

安積PA付近

下り線側(仙台方面)
安積パーキングエリアの下り線施設の従業員用入口。

一般道からは利用できないので注意。

須賀川IC〜郡山南IC 側道

安積PA付近

下り線側(仙台方面)
安積PAまで来れば、郡山南ICまではもうすぐなのだが…

「重量制限1.5t」の標識と2カ所の「通行止」表示に頑丈なガードレールにて頑丈にガード。

17 郡山南 Koriyama-minami 1.6km

郡山南ICの予告標識があるのに…

以前はここに架橋されていたのだろう。

ここまできて大幅迂回。ついでに、上り線の側道に行ってみることに。

須賀川IC〜郡山南IC 側道

安積PA付近

上り線側(東京方面)
大幅迂回をして、上り線側の側道へ。アスファルト舗装がされており、生活道路の一部にもなっている。

安積パーキングエリアの入口標識も見る事が出来る。

上り線側も一般道から利用は出来ない。安積PAと吾妻PAにある「スピード体感コーナー」も一般道から利用は出来ないので、利用する場合は郡山南ICから東京方面へ向かい、安積PAを利用する必要がある。

ちなみに…下り線と上り線の標識のアイコンが違う事に気が付く。「i」のアイコンが無い。

チェーンの着脱もココで。

須賀川IC〜郡山南IC 側道

安積PA付近

上り線側(東京方面)
このカルバートで再び下り線側に向かい…郡山南ICを目指す。

この先左折 行止まり 郡山市

どうやら先ほどの無くなってしまった橋は市道のようだ。
須賀川IC〜郡山南IC 側道

安積PA付近

下り線側(仙台方面)
先ほど対岸から見た「郡山南IC 1.6km」の標識が直近で!

南という文字の中身は…公団フォントだと「¥マーク」にそっくりだ。

1.6kmという中途半端な距離なのは安積PAとの位置関係がある為。
須賀川IC〜郡山南IC 側道

安積PA付近

下り線側(仙台方面)

さっきまでのアスファルト舗装の高級側道はどこに行ったんだ!?

っと思えるくらい畦道側道である。

やはり側道はこうでなくては!

須賀川IC〜郡山南IC 側道

郡山南IC付近

下り線側(仙台方面)
途中からアスファルト舗装復活。遮音壁というよりは防風フェンスに遮られているが、「郡山南IC 500m予告標識」を見る事が出来る。

この辺りは地吹雪がよく発生する区間でもあるので冬場の運転は注意が必要。

須賀川IC〜郡山南IC 側道

県道47号線との交差点

下り線側(仙台方面)
福島県道47号線「郡山長沼線」と交差。

コンクリート桁橋だ。

須賀川IC〜郡山南IC 側道

郡山南IC付近

下り線側(仙台方面)

17 郡山南 Koriyama-minami 出口

接続道路は国道4号線と表示されているが、県道47号線を郡山市内に向かい、国道4号線「あさか野バイパス」に接続する事になる。
須賀川IC〜郡山南IC 跨道橋

新昭和大橋

跨道橋「新昭和大橋」は郡山南ICの全景や本線へ向かうランプを全て見る事が出来る!

んだが…横断幕のお陰で跨道橋中央から姿を拝むことは出来ないのが残念ポイント…。

しかし、この場所ほどインターの全体像を見れる場所もなかなか無いだろう。

今回はここまで。

<国見IC〜宮城県境間 個人的側道探検評価>

項目 星の数 解説
側道探検のしやすさ ★★★★☆ アスファルトやダートの混在だが、側道の整備率はそこそこ良い。新幹線との交差部は注意。
側道の秘境度 ★★☆☆☆ 周辺は住宅地や果樹畑、農耕地と開けている場所が多い。
写真の撮りやすさ ★★★★☆ 跨道橋も多く、側道から見る風景で邪魔する物も少ない。遮音壁がある場所もあるがそれは一部である。
撮影スポットの多さ ★★★★★ 跨道橋、200kpや新幹線との交差、パーキングエリア等高速道路ならではの場所が多い。
挙動不審(怪し)さ ★★★★★ ちょっと間違えば完全不審者。注意せよ。
総合評価 ★★★★☆ いただきました、星4つです。
総括   スタートは住宅地ですが、市境に向かうにつれ徐々に側道らしい風景が広がる場所です。特に新幹線橋梁と交差する場所は迫力満点。跨道橋の数も多く本線風景を見るには最高。そしてハイウェイラジオまで聴けてしまうというある意味オイシイ側道です。

もどる