×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

東北自動車道「東北高側道 栃木県境〜白河IC」

東北自動車道が最初に「東北入り」する場所。埼玉県、群馬県、栃木県を越え「福島県」に突入するこの区間は実に「牧歌的な風景」が見られる場所。県境の川「黒川」の流れを見つつ、橋梁の迫力も体感できる区間である。(撮影日 2008/04/26)

写真 撮影場所 解説
栃木県境 国道4号線(上り)

白河IC入口

東北自動車道、福島県最南端のインターチェンジ。

「14 白河」

意外と施設の大きさが小さいような気がする。

栃木県境 国道4号線(上り)

白河IC入口

高速道路なので、車の大きさの制限がある。

意外と素通りだったりすると、目立たない看板である。

栃木県境 側道

白河IC(下り) 800m手前付近

本線に架橋されている場所より撮影。

側道はコンクリートの遮音壁に囲まれている。

栃木県境 側道

白河IC(下り) 800m手前付近

最大ズームで狙ってみた。

「14 白河(Shirakawa) 出口500m」

側道は舗装してある模様。遮音壁がなければ完璧だったのに(T_T)/~~~

栃木県境 側道

白河IC(下り) 1km手前付近

「出口1km」の看板がある。

架橋されている橋が東北道、福島県内の「最初の」橋となる。

栃木県境 側道

白河IC(下り) 1km手前付近

本線に設置されている看板はやはり大きい。

接続は「国道4号線」と「国道289号線」

国道4号線…黒磯、郡山方面

国道289号線…西郷、棚倉方面(有名な「登山道おにぎり」はココで降りる)

栃木県境 側道

白河IC(下り) 1km手前付近

東北自動車道がいよいよ「東北地方入り」するとお出迎えするのが…

「これよりみちのく」…リアルなコケシの絵…

栃木県境 側道

白河IC(下り) 1km手前付近

リアルなこけしをズーム。なぜ「みちのく」でこけし?
栃木県境 側道

白河IC(下り) 1km手前付近

福島県最初の側道の橋は「大清水橋」

至って普通の橋である。

栃木県境 側道

白河IC(下り) 1km手前付近

続いて同じ地点から「栃木県」方面。

次のインター名は「当たり前」だが、「栃木県」の地名である。

栃木県境 側道

白河IC(下り) 1km手前付近

13 那須(nasu) 16km

12 西那須野塩原(Nishinasuno-Shiobara) 29km

東京(Tokyo)  198km

東京まで200kmを切った。

白河〜那須間には「那須高原SA」がある。SIC設置施設なので、

13-1 那須高原SA

の看板が付いたりするのだろうか?

栃木県境 側道

白河IC→那須IC 上り線

下から見上げると、看板の大きさがよくわかる。
栃木県境 側道

白河IC→那須IC 上り線

まだ福島県内。

カルバートボックスには「那須」の表記がある。

県境は近い。

栃木県境 側道

白河IC→那須IC 上り線

白河ICから県境方面にかけての本線に沿う「側道」

車1台分の幅で、舗装も割としっかりされている。

安心して、調査続行〜

栃木県境 側道

白河IC→那須IC 上り線 168kp

本線キロポスト「169Kp」とある。

この先の「側道」は状況が変わる。

栃木県境 側道

白河IC→那須IC 上り線

側道は本線から「左へ反れる」ようにカーブを描く。

なんだか畑の中に入っていく。

かなり怪しい感じに…

栃木県境 側道

白河IC→那須IC 上り線

巨大な鉄塔。高圧電線である。
栃木県境 側道

白河IC→那須IC 上り線

「猪苗代旧幹線」と書かれているプレートが取り付けられていた。

何を指示しているのかは、管理人には不明…orz

栃木県境 側道

白河IC→那須IC 上り線

本線から反れた側道…

一軒家を通り越し…未舗装の道が続く続く…(((( ;゚д゚))))アワワワワ

栃木県境 側道

白河IC→那須IC 上り線

いきなり開けたが…本線の姿無しΣ(゚д゚lll)ガーン

同じ道を引き返し、東北道をくぐって「下り線側の側道」を探すことに…( ´Д`)=3

栃木県境 側道

白河IC(下り) 1.5km手前付近

上り線に沿う側道は本線から反れてしまったため、下り線を沿う側道を発見。

14 白河(Shirakawa) 1.5km

1.5kmとは、また中途半端な数字。
栃木県境 側道

白河IC(下り) 1.5km手前付近

看板をズームで。

違和感がある個所を発見!

栃木県境 側道

白河IC(下り) 1.5km手前付近

「1.5km」の部分は後から貼ったかのような感じになっている。

もともとの距離はいくつだったのだろうか?

栃木県境 側道

白河IC→那須IC 下り線 県境付近

ついに来た、東北道の「栃木県」との県境に架かる橋。

「みちのく橋」

緩やかなカーブを描く。

写真奥手は「栃木県」である。

栃木県境 側道

白河IC→那須IC 下り線 県境付近

橋を渡るとすぐに、下り線には「福島県と西郷町のカントリーサイン」が設置されている。

栃木県境 側道

白河IC→那須IC 上下線

「みちのく橋」を下から眺める。

橋の維持管理作業時に使うと思われる足場、設備系統の部材、鉄骨などが見える。

栃木県境 側道

白河IC→那須IC 上下線

少し視点を落とせば、カーブを描く橋梁と橋脚の姿がよく見える。
栃木県境 側道

白河IC→那須IC 上り線

福島県と栃木県の県境を流れている川

「黒川」

ちょうど、川の真ん中あたりで「栃木県と福島県」が分かれる。
栃木県境 側道

白河IC→那須IC みちのく橋の下

非常にきれいな河川。

この日は天気もまずまず良かったので、渓流釣りを楽しむ人たちがいた。

栃木県境 側道

白河IC→那須IC 上り線

見上げれば、今回求めていたものが…

キタ――(゚∀゚)――!!

栃木県境 側道

白河IC→那須IC 上り線

「栃木県と那須町」のカントリーサインを発見!

木に隠れて全部が見えないのが残念(T_T)
栃木県境 側道

白河IC→那須IC 県境付近

今回のおまけ「国道4号線」の県境。

栃木の「栃」と福島の「福」で「栃福橋」

なんと、単純明快なネーミング。
栃木県境 側道

白河IC→那須IC 栃福橋直下

東北道「みちのく橋」を遠方に。

若干、栃木方面に向かって勾配があるようだ。

栃木県境 側道

白河IC→那須IC 上り線

国道4号線上にある。

「お気をつけて とちぎ県」

「福島県 西郷村」のカントリーサイン

今回はここまでで終了。

<白河IC〜栃木県境 間 個人的側道探検評価>

項目 星の数 解説
側道探検のしやすさ ★★★★☆ 側道は上下線にそれぞれあるが、上り線は反れる上に「林道」に変わる。舗装してあるので調査はしやすい。
側道の秘境度 ★★★☆☆ ちょっとした山の中に入るが、それほど「秘境」ではない感じ。
写真の撮りやすさ ★★★★★ 全線にわたり写真撮影しやすい。…が時期を間違えると、全く撮れないので「注意」
撮影スポットの多さ ★★★★★ ここのハイライトは「カントリーサイン」である。本線は高所を通っているとはいえ、ズームで十分OK
挙動不審(怪し)さ ★★☆☆☆ 白河IC付近は民家が点在しているが、県境の川までくれば、ほのぼのとした風景の中に入るので、そこまでくれば大丈夫。
総合評価 ★★★★☆ いただきました、星4つです。ド━(゚Д゚)━ ン !!!
総括   「側道から」初の県境付近のレポートです。福島県内の施設なのに「那須」との表記があったりと何だか新鮮な感じでした。栃木県は現状では「調査対象外」ですが、いずれは進出してみたいです。特に「那須高原SIC」はじっくり探検したいです。黒磯(仮)インターの工事現場も気になるところです。

何だかんだで「栃木県はアツい」かもしれません。

もどる