×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

東北中央20100717

トンネルや橋梁が徐々に姿を現した!2010年夏の東北中央自動車道!

約1年振りに東北中央自動車道の福島JCT方面へ。変化が多いのはJCTよりも山形方面であった。国道13号線の沿線で次々と姿を現す巨大な構造物。

2010年夏の東北中央自動車道を追います。

(撮影日 2010/07/17 公開日 2010/08/03)

写真 撮影場所 解説
東北中央20100717 福島JCT建設現場

福島県福島市笹谷地区

約1年振りの福島JCT建設現場。

橋脚と盛土には変化は無い。

新たな工事が行われる気配も今は無いようだ。
東北中央20100717 福島JCT建設現場

福島県福島市笹谷地区

盛土には緑の雑草が。

夏の青空に良く映えるいい景色だ。

鉄筋のニョキニョキが何とも…(*´ω`*)
東北中央20100717 福島JCT建設現場

福島県福島市笹谷地区

「日本道路公団」の記名がある東北中央道のトンボさんも健在!

雑草の勢いに負けそうで、除草をしてあげたい位だ。

除草をしていたら完全に不審者である…

東北中央20100717 福島JCT建設現場

福島県福島市笹谷地区

周辺は桃の果樹畑が広がっているのだが、その中にコンクリートの橋脚が立っていると「巨大な遺跡」のようにも感じられる。

東北中央20100717 福島JCT建設現場

福島県福島市笹谷地区

たくさんの橋脚が立っており、その上に桁が載っかるのが楽しみな工事現場である。

東北中央20100717 福島JCT建設現場

福島県福島市笹谷地区

東北道方面側の側道

工事が一旦終わり、真新しいアスファルト舗装の側道を山形県方面へと進みます!!

東北中央20100717 福島JCT建設現場

福島県福島市笹谷地区

米沢方面側の側道
市道と交差する地点であるが、ここも変わらずの風景であった。

さらに先へ進むと…

東北中央20100717 県道312号線との交差点

福島県福島市笹谷地区

米沢方面側の側道

早速の変化キタ――(゚∀゚)――!!

福島県道312号線「折戸笹谷線」との交差部に鋼桁橋が架かってる!!

2年前は地質調査をしていた現場であるが、山形県方面へ向けて本線の盛土も済んでいた。

これは、ガードレールを付けて、舗装しちゃえば供用開始できそうな感じ。

橋梁名は失念…

東北中央20100717 県道312号線との交差点

福島県福島市笹谷地区

米沢方面側の側道
鋼桁橋を真下から見ると、点検用の作業足場や排水管などの維持管理に必要な設備が設置されていた。

外側にはそのような設備が無いのでスッキリとしたイメージに見える。

東北中央20100717 市道との交差点

福島県福島市笹谷地区

米沢方面側の側道
東北中央道を追いながら市道を通過すると…

あからさまに怪しい広大な高速道路用地っぽい敷地が!!

なになに?大笹生ICか本線料金所でもできるのか、それともまだ着工していないだけなのか…

東北道方面はドーンと盛土がされていた。

東北中央20100717 市道との交差点

福島県福島市笹谷地区

米沢方面側の側道
見通しの良い敷地から遠くを見れば…

山肌に何か格子状のモノと穴が見えるじゃないか!!しかもプラント付き!!

行かねば…

東北中央20100717 県道5号線との交差点

福島県福島市笹谷地区

米沢方面側の側道
福島県道5号線「上名倉飯坂伊達線(通称:フルーツライン)」との交差部でも工事の痕跡がある。

東北道方面はただの田んぼだが…振り返れば…

東北中央自動車道「大笹生トンネル工事」と巨大な仮設の柵が!!

東北中央20100717 県道5号線との交差点

福島県福島市笹谷地区

米沢方面側の側道
フルーツライントンボさんも健在。

東北中央20100717 県道5号線との交差点

福島県福島市笹谷地区

米沢方面側の側道
本線の盛土も終わり…トンネル工事真っ盛り!

どのくらいの進捗かは不明であるが…

さてさて…国道13号線「東北中央道工事現場鑑賞に最も最適な場所」に行きますか♪

東北中央20100717 国道13号線 11.9kp

福島県福島市飯坂町地区

遂に来ました。1年振り?2年振り?

定かではないが…

橋梁がトンネルに吸い込まれていくという迫力ある工事現場です!!

ここはドライブインがあるパーキングなので、「ちょっと休憩のついでに」といった感じで現場を楽しむ事が出来る。

1年前は橋梁が建設中であったが、いつの間にか国道13号線を越えトンネルと接続していたなんて…「時間が過ぎるのは早い!!」と実感。

東北中央20100717 国道13号線 11.9kp

福島県福島市飯坂町地区

東北道方面を見ると「トンネル工事」が行われている。

『トンネル → 橋梁 → トンネル』という、もの凄く美味しい「サンドウィッチ区間」である!

橋梁のカーブ具合も非常に萌え。

東北中央20100717 国道13号線 11.9kp

福島県福島市飯坂町地区

国道13号線11.9kpトンボさんも健在。
東北中央20100717 国道13号線 11.9kp

福島県福島市飯坂町地区

側道から見る橋梁の萌えポイント「排水管の形が美しい」

等間隔の吊り金具に一定勾配の直線の配管…美しすぎる…(*´ω`*)

東北中央20100717 国道13号線

福島県福島市飯坂町地区

国道13号線を山形方面へ向かう際「右手側」に工事現場は広がるのだが…

トンデモネー場所に橋梁作ってる!!

橋脚の高さってどのくらいなのよ!?

天秤のような押出工法ヽ(´ー`)ノバンザーイ!!

などなど…萌えるポイントと疑問ポイントが一緒に噴出する様な素晴らしい工事現場風景が続く。

国道13号線は流れが早い。見学の際は安全確認を十分に。

東北中央20100717 国道13号線

福島県福島市飯坂町地区

中野第2TN前パーキング

橋梁完成!

対面通行!

中野第2トンネルの福島側坑口前に設けられた駐車場は鑑賞に最適だ。

東北中央20100717 国道13号線

福島県福島市飯坂町地区

中野第2TN前パーキング
「トンネルの中の舗装をしています」の工事看板に「(高速)」というカッコ書きが何とも言えない。

東北中央20100717 国道13号線

福島県福島市飯坂町地区

中野第2TN前パーキング
クレーンがニョキニョキ。山の中での風景ではあまり似合わない。

東北中央20100717 国道13号線

福島県福島市飯坂町地区

大滝宿入り口付近
工事用の仮設工事事務所が既存パーキングを占領している。

大丈夫なのか?

東北中央20100717 国道13号線

福島県福島市飯坂町地区

大滝宿入り口付近

ウホッ!\(´▽`*)

工事用の仮設橋梁、作業道路が出来てる!

かなり大規模!!

この仮設物を設置するだけでも相当な工事だと思うが、足場の無いような場所に高速道路の本線を作ってしまうとは…恐るべし。

東北中央20100717 国道13号線

福島県福島市飯坂町地区

東北中央栗子TN工事現場付近

可能性が広がる 未来につながるトンネル 東北中央自動車道 栗子トンネル

カッコイイ…「共同企業体」という響がカッコイイ…(*´ω`*)

東北中央20100717 国道13号線

福島県福島市飯坂町地区

東北中央栗子TN工事現場付近
やってます…やってますよ♪

トンネルを掘り掘りしてますよ!!

国道13号線ってすごいなぁと思うのは…

万世大路の栗子隧道、現道R13の栗子トンネル、高速道路の栗子トンネルと世代を越えるトンネルがたくさんあるという事。これには驚きである。

東北中央道のトンネルを掘るにも仮設の工事用道路が設置されており、こちらも機材や車両がたくさん載っている。

東北中央20100717 国道13号線

福島県福島市飯坂町地区

東北中央栗子TN工事現場付近
トンネルに橋梁と様々な土木技術の結集が東北中央道を造っている事がよく分かる区間である。

もっと安全に、より快適に!

工事中も安全に行ってもらいたいものである。

<福島県福島市「東北道福島JCT」予定地〜東北中央道栗子トンネル工事現場間 個人的側道探検評価>

項目 星の数 解説
側道探検のしやすさ ★★★★★ 福島JCT付近は迷走しやすいが、R13に出れば全然快適。よそ見運転には気をつけたい。
側道の秘境度 ★☆☆☆☆ 平坦な場所、国道沿いと人目は多い。
写真の撮りやすさ ★★★☆☆ 福島JCT付近はゆっくりと。R13沿線は徒歩という選択肢もあるが、十分に気をつけよう。
撮影スポットの多さ ★★★★★ トンネルに橋梁と見所は多い。土木工事を見たい方は今がおススメ!
挙動不審(怪し)さ ★★★★★ 他人の目を気にしない技量が必要。
総合評価 ★★★★☆ いただきました、星4つです。ド━(゚Д゚)━ ン !!!
総括   東北中央道を久々に更新。

工事の進度が予想以上に進んでいて驚いたが、段々と姿が見えてきて本線に興奮しきりでした。

山間地を通過する高速道路の為、トンネル、橋梁が多いという見ていても飽きない場所です。

これからもちょっと間隔を短くして、工事現場を観察していきたいと思います。

沿線の国道13号線は、非常に速いペースで流れています。交通量も多く大型車の通行も多いです。沿線に気を取られて事故につながる恐れも皆無とは言い切れません。各自の責任の下で行動してください。

当方は以前より安全な場所を探しての撮影です。当方と同じ行動をして事故等が起きても当方は一切関係ありません。

もどる