×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

開通日が決定!仕上げ工事真っ最中の東北中央道!

前回の更新から約1年半。2016年9月11日についに開通を迎える福島県内初の「東北中央道」の姿をいち早く高側道から!
しかし・・・随分と間があいたもんデスね・・・(汗)(撮影日 2016/6/25・7/24 公開日 2016/09/06)

東北中央道20160724
2016年 6月25日
福島県福島市大笹生地区
福島JCT料金所本体が既に姿を現していた。
ジャンクションの名を冠した料金所が最近増えてきたのは、無料区間を持つ高速道路が増えてきた為。
今回は東北道から福島大笹生ICまでの僅かな区間だが、近い将来は山形県米沢市の米沢南陽道路と直結する。
東北中央道20160724
2016年 6月25日
福島県福島市大笹生地区
料金所本体から東北道方面を望めば福島ジャンクションのランプが見える。
分岐標識には「青森」「東京」の文字。
補助標識には「仙台」「郡山」
南は「宇都宮」をすっ飛ばして「東京」、北は「仙台」「盛岡」をすっ飛ばして「青森」。
東北中央道20160724
2016年 6月25日
福島ジャンクション料金所の側道
料金所本体はヒラギノフォントの標識が掲げられていた。NEXCO東日本のロゴが入っていたりするのも今時の共通仕様である。
側道からもその大きさを十分に感じられる。
東北中央道20160724
2016年 6月25日
福島ジャンクション料金所の側道
料金所から今回開通の福島大笹生IC方面
側道から本線に向かう坂道は管理用の道路
東北中央道20160724
2016年 6月25日
福島ジャンクション料金所の側道
料金所建屋も完成済み。あとは階段などの外構工事を残すのみ
東北中央道20160724
2016年 6月25日
福島ジャンクションの側道
本線上の工事も大詰めといった所。防護柵等の設置工事も行われている。
東北中央道20160724
2016年 6月25日
福島ジャンクションの側道

料金所 200m 速度落とせ


同じ標識が同じ向きに立っているのはちょっとしたインパクト。東北道の上下線それぞれから東北中央道に入る場所の為、同じ標識が各それぞれに設置されている。
東北中央道20160724
2016年 6月25日
福島ジャンクションの側道
かつては橋脚のみ施工済みで置かれていた場所なのに架橋もされ、こんなに素晴らしいジャンクションになるとは・・・感慨深いものである。
東北中央道20160724
2016年 6月25日
福島ジャンクションの側道
中心杭もその役目を終えるという事か・・・
東北中央道20160724
2016年 6月25日
福島ジャンクションの側道
東北道を背に米沢方面を望む。
東北中央道20160724
2016年 6月25日
福島ジャンクションの側道
東北道上り線側
盛土でどんな形になるか全くわからなかった場所でもあるが、こうしてみるとジャンクションである。
東北中央道20160724
2016年 6月25日
福島ジャンクションの側道
東北道上り線側
東北道本線上には新たに分岐標識を設置するため門型の支柱が新設された。
東北中央道20160724
2016年 6月25日
福島ジャンクションの側道
東北道上り線側
緑のマスキングが開通前という事を実感させる。

東北中央道 TOHOKU−CHUO EXPWY
米沢 Yonezawa

縦長の補助標識も設置されている。

福島大笹生ICまで

この標識に「山形」が出てくるのはもう少し先の事であろう。
東北中央道20160724
2016年 6月25日
福島ジャンクションの側道
東北道上り線側
コンクリートの遮音壁に遮られ標識全体を見ることはできない。
工事が始まった頃の側道は既になくなってしまったな・・・
東北中央道20160724
2016年 6月25日
福島ジャンクションの側道
東北道下り線側
下り線側の側道に出てみる。ここも姿は全く違っている。東北中央道から東京方面のランプが設置された。
東北中央道20160724
2016年 6月25日
福島ジャンクションの側道
東北道下り線側
「東北中央道 分岐点」の標識はいつの間にか「予定地」表示が取り外されていた。
標識に描かれているタービン型ジャンクションそのままである。
東北中央道20160724
2016年 6月25日
福島ジャンクションの側道
東北道下り線側
ランプ設置の為新たに擁壁を設置して、新しくなった側道。
東北中央道20160724
2016年 6月25日
福島ジャンクションの側道
東北道下り線側
下り線に設置されている内照式の分岐標識の裏側。
今は見えるが、供用後は遮音壁が設置され後姿も少しだけしか見れなくなるであろう。
東北中央道20160724
2016年 6月25日
福島ジャンクションの側道
東北道上り線側
上り線の福島飯坂IC方面に向う側の側道も新しくなった。
東北中央道20160724
2016年 6月25日
東北中央道米沢方面側
続いて福島大笹生ICに向かう途中。福島市道と交差する部分からも本線が見える。

7 福島大笹生 Fukushima−Ozaso 出口

福島大笹生ICのIC番号「7」か…相馬福島道路からの続きの番号なのだろうか。
そうなると、既に開通済みの山形県内の東北中央道の山形上山〜天童のIC番号は振り直しなのだろうか。
既に開通している東北中央道の緑標識のIC番号は空欄が多いのでその辺りは気になる所。
東北中央道20160724
2016年 6月25日
東北中央道 福島大笹生IC
福島大笹生ICは福島県道5号線上名倉飯坂伊達線、通称「フルーツライン」と接続している。
青看板は既に設置済み。
東北中央道20160724
2016年 6月25日
東北中央道 福島大笹生IC
この時は舗装工事真っ最中。
東北中央道20160724
2016年 6月25日
東北中央道 福島大笹生IC
福島大笹生ICのランプも舗装工事真っ最中。
高速道路のランプらしいカーブが印象的。
東北中央道20160724
2016年 6月25日
東北中央道 福島大笹生IC
米沢方面の本線は鋭意工事中。
東北中央道20160724
2016年 7月24日
東北中央道 福島大笹生IC
後日、近くを通ったのでもう一度寄ってみると標識類がさらに増えていた。
環境配慮型の茶色の案内標識も設置されている。
東北中央道20160724
2016年 7月24日
東北中央道 福島大笹生IC
福島大笹生ICは既に区画線も施工され、標識等の設置も完了していた。
開通したら道路の中心から撮る事はもうできない。
東北中央道20160724
2016年 7月24日
東北中央道 福島大笹生IC
入口の標識も設置され、緑マスキングが。

東北中央道 TOHOKU−CHUO EXPWY
7 福島大笹生 Fukushima−Ozaso
無料区間 福島大笹生〜米沢北

既に米沢北ICまでの名称も入ってる。
東北中央道20160724
2016年 7月24日
東北中央道 福島大笹生IC
沿線の青看板にも東北中央道の表記が。こちらには「山形・米沢方面」「無料」との表記がされている。
東北中央道20160724
2016年 7月24日
東北中央道 福島大笹生IC
福島大笹生IC分岐点には緑標識が設置されていた。
東北中央道20160724
2016年 7月24日
東北中央道 福島大笹生IC

東北道 TOHOKU
青森 Aomori 東京 Tokyo

y米沢方面は緑マスキングのまま。先の開通時に完成形となるであろう。
東北中央道20160724
2016年 7月24日
東北中央道 福島大笹生IC
東北中央道本線には福島ジャンクション料金所を示す標識が設置。ここでは「仙台」「郡山」の案内である。
東北中央道20160724
2016年 7月24日
東北中央道 福島大笹生IC
東北中央道米沢方面を見る。いよいよ開通を感じさせる風景だ。
東北中央道20160724
2016年 7月24日
東北中央道 福島大笹生IC
福島ジャンクション料金所の先にも標識が設置された。

7 福島大笹生 Fukushima−Ozaso 出口800m

白いマスキングの下に何が隠されているのだろうか。
遂に2016年9月11日に開通である。

<福島県福島市 東北道福島JCT〜福島大笹生IC工事現場間 個人的側道探検評価>

項目 星の数 解説
総括 2016年9月11日に福島JCT〜福島大笹生ICが開通。福島県内では初の東北中央道が開通します。
国道13号線栗子峠を越える時間を大きく変えるその第一歩。今回は東北道からフルーツラインまでなのですが、コレが山形まで繋がった時のインパクトは相当大きいと思います。
はじめて身近で見たのは2010年。それから6年の時を経て開通の姿まで見れるとは感無量です。開通当日は新しい道を走りに行きたいと思います。

東北中央道のページに戻る